2013年1月

世田谷14団菊章伝達式

2013年01月25日 (金)

カトリック成城教会の信徒会館にBS副コミッショナーと進歩委員をお迎えし、菊章伝達が行なわれました。
2人はカブ時代からの仲よしで、ボーイ隊では班長同士としてよきライバルでもありました。しっかり計画を立ててコツコツと積み上げて面接に臨んだ賢基君と、普段はのんびりしていて追い込まれると底力を発揮するタイプの祐君。2人とも橋本隊長の熱意が大きな支えになったようです。きっとこれからも、後輩たちによい刺激となる名コンビとして活動していくことと期待しています。
20130125_5.jpg

2013年1月13日 新年子どもまつり

2013年01月25日 (金)

世田谷区役所で開催される「新年子どもまつり」には、今年も世田谷地区のスカウト達もたくさん集まりました。
朝9時からの、世田谷地区のセレモニーでの菊章伝達式に参加したあと、ビーバースカウトやカブスカウトはそれぞれに興味のあるコーナーに向かいました。
何といっても一番の人気は「雪のすべり台」!新潟県十日町市から運ばれてきた雪を固めて作られた大きな滑り台を見て、みんなわくわくして順番待ちの列に並びました。高いところから一気に滑り降りるスリルは格別だったようです。
日本のお正月の雰囲気を満喫できるよう、このおまつりは伝承あそびや工作がたくさん用意されていて魅力満点ですが、やはりスカウト達がうれしそうだったのはリーダー達が用意した[ミニオリエンテーリング]や[コイン落とし]、[おしりキャじり虫]。自分の知っているリーダーを見つけると、どこか得意げな笑顔になっていました。
参加する側から奉仕する側となったボーイスカウト達は[リサイクルコーナー]を担当し、建物の陰で冷たい風が吹く中も、元気よくごみの分別を呼びかけました。また、ベンチャースカウト達が用意する[無料カルピスコーナー]は今年も大人気でした。アツアツのカルピスを飲んで一息入れて、また元気に遊びに行く人がたくさんいました。
今年初めての試みでのローバースカウトのお兄さんお姉さんの[ロープワークコーナー]も大盛況で、子どもたちだけでなく大人も興味しんしんで、気に入った結び方を教えてもらっていました。その一角に設けられた[ボーイスカウトの体験・見学の案内ブース]では、より多くの方々にボーイスカウト運動の素晴らしさをお知らせする活動も行なわれました。
20130125_7.jpg

ムーンライズ・キングダム

2013年01月24日 (木)

1965年当時のアメリカのボーイスカウトの少年達を題材としたコメディータッチの映画です。
スカウト達にはもちろん、1965年頃のボーイスカウトが題材ということでので我々指導者もどこか懐かしく楽しめる映画なのではないかと思います。

詳しくは公式ホームページをご確認ください。
http://moonrisekingdom.jp/

20130124.jpeg
1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶニューペンザンス島。12歳のスージー・ビショップ(カーラ・ヘイワード)は、厳格でお堅い父ウォルト(ビル・マーレイ)と、口うるさくいつもせわしない母ローラ(フランシス・マクドーマンド)、そして3人の幼い弟たちと海沿いの大きな屋敷で暮らしていた。趣味は本を読んで自分だけの世界に浸ることと双眼鏡での観察。ある日、スージーはその双眼鏡で母とシャープ警部(ブルース・ウィリス)の密会を目撃する。同じ頃、ウォード隊長(エドワード・ノートン)率いるボーイスカウトのキャンプ地では、隊員の一人が置き手紙を残して姿を消す事件が起きていた......。1年前、ボーイスカウトの活動で劇を観に行ったサム・シャカスキー(ジャレッド・ギルマン)と、カラス役で出演していたスージーはわずかな言葉を交わしただけで惹かれ合い文通を開始。1年にわたる手紙のやりとりを通して密かに駆け落ちの計画を練っていた。草原で落ち合った二人は"3.25海里 潮流口"を目指し愛の逃避行に出る。手つかずの自然が残ったその美しい入江を"ムーンライズ・キングダム"と名付けた二人は、海に飛び込み、絵を描き、本を読み、夢を語り合い、ダンスを踊り、初めてのキスをする。翌朝、二人がいなくなったことに気付いた大人たちは右往左往。娘を誘惑したとウォード隊長に食って掛かるビショップ夫妻だったが、ボーイスカウトの少年たちによって二人は見つかり、離ればなれにされてしまう。だがサムの両親は里親で「変わり者のサムはもう引き受けられない」と言い、福祉局(ティルダ・スウィントン)の説明によると、問題児のサムは少年収容所に戻される可能性が高いという。長年トレーラーハウスで孤独な生活を送ってきたシャープ警部は、身寄りのないサムを預かり、男同士で愛について語りあう。そしてスージーも自分の思いを初めて母親に打ち明ける。サムをのけ者にしていたボーイスカウトのメンバーたちも同情するようになり、ウォード隊長に内緒で二人の駆け落ちを手助けすることに。やがてスージーとサムは、小さなボートを漕いで島からの脱出を図るのだが......。

コミッショナーニュース(H25/1/21 活動ニュース版)

2013年01月21日 (月)

コミッショナーニュース(H25/1/21 活動ニュース版)
世田谷地区コミッショナーグループ
地区コミッショナー 安田明

○スカウトの主な行事終了報告
1/13(日) 新年こども祭り 世田谷区役所 多くのBS以上スカウト・指導者の奉仕がありました。また多くのBVS、CSスカウト達も元気に参加しました。
1/13(日) VSスカウトフォーラム 弦巻区民センター VS14名 RS1名 指導者9名の参加があり、体験発表や今後の方針等、積極的に討議が行われました。

○スカウトの進級
富士章伝達 1/13(日) 世田谷第19団 VSスカウト1名
菊章伝達 1/13(日) 世田谷第3団 BSスカウト1名
菊章伝達 1/20(日)世田谷第14団 BSスカウト2名

○スカウト主体の今後の行事
1/27(日) BSラリー 砧公園
2/24(日) 東京マラソン奉仕(東京連盟奉仕行事)
3/3(日) 東京連盟富士章受章者顕彰のつどい NYC
3月又は4月(日程未定)シルバーウルフトレーニングキャンプ
3/27(水)世田谷地区スカウト顕彰 富士・菊スカウトの区長訪問
3/28(木)~4/1(月)VS訓練キャンプ 山中野営場
4/14(日)CSラリー こどもの国
4/20(日程変更の可能性あり)東京連盟 BSA極東連盟 パインウッド・ダービー CS対象
5月(日程未定) BVSラリー
7/20(土)~8/11(日) 東京連盟DPVCキャンプスタッフ派遣(米国)男子VSのみ 
その他にも日連主催の海外派遣もあります。日連HPなど情報に注意ください。
7/31(水)~8/8(木)第16回日本ジャンボリー 山口県山口市きらら浜
H27/7/28~8/8 第23回世界ジャンボリー 山口県山口市きらら浜

○指導者向けの行事・会議・研修等
1/27(日) 日連表彰団本登録 地区名誉会議 弦巻オレンジルーム 18:00~
2/17(日)一般団本登録 地区名誉会議 駒沢小学校 13:30~
3/9(土)~10(日)スカウトキャンプ研修会
4/10(水)東京連盟チャリティゴルフ大会
4/21(日)地区総会
5/3(金)~5/6(月)WB研修所BVS東京43期 山中
5/3(金)~5/6(月)WB研修所CS東京131期 山中 秋のCSコースは9/13~16
5/3(金)~5/6(月)WB研修所BS東京135期 日向 秋のBSコースは9/13~16
4/27(土)~4/30(火)WB研修所VS東京26期 日向
5/3(金)~5/5(日)団委員研修所東京26期 NYC
6/2(日)第2回安全セミナー 日連 秋の安全セミナーは10/19
6/30(日)第3回安全セミナー NYC
WB実修所の開設予定や他県連の開設につきましては、今後日連HPに掲載されると思われます。
研修参加希望者は、早めに身近なコミッショナーにご相談下さい。
6/2(日)ボーイスカウト講習会
9/29(日)スキルトレーニング
10/20(日)ボーイスカウト講習会

○世田谷地区の指導者定例会議
地区協議会 1/23(水) 19:30 弦巻区民センター
BVSRT 2/6(水)19:30 弦巻区民センター
CSRT 2/6(水)19:30 弦巻区民センター
BSRT 2/7(木)19:30 弦巻区民センター
VSRT 2/5(火)19:30 代沢まちづくりセンター
RSRT 2/4(月)19:30 弦巻区民センター

詳細についてのお問い合わせは、コミッショナーグループ又は主管の各種運営委員会あてお願いします。HIROBA版には、進級スカウトのお名前も記載しております。
注:東京連盟・日本連盟と特記無きものは世田谷地区主催の行事です。氏名については、全て敬称を略させて頂いております。

世田谷14団クリスマス会

2013年01月09日 (水)

2012年12月23日 世田谷14団クリスマス会
カトリック成城教会に本部のある、14団ビーバー隊・カブ隊とガールスカウト東京58団の合同クリスマス会は、神父様からの「クリスマスは命の大切さを教えてくれる大切な日」というお話で始まりました。
第1部はスカウト達の寸劇や歌、リーダーによる楽しいゲームでにぎやかに進んでいきました。ステージの上でせりふを忘れたり順番をまちがえても気にしない!どのスカウトも笑いに変えて楽しんでいく、この底抜けの明るさは14団の持ち味のようです。
休憩をはさんで、第2部では今なお復興途上の東北に思いを寄せながら、保護者や兄弟姉妹、見学のお子さんも全員参加でハンドツリー製作をしました。
まず緑色の画用紙を自分の手のひらの形に切り抜きました。それを葉に見立てて大きな模造紙に順番に貼り合わせていき、周りにスカウト達からのメッセージがたくさんちりばめると、大きくて優しさいっぱいのみごとなツリーが完成!
翌日クリスマスミサでは、神父様の計らいでお御堂に展示して、多くの方に見ていただくことができました。ぼくらと同じ子どもたちにも、幸せなクリスマスがきますように。
IMG_3737.jpg

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ