2014年7月

コミッショナーニュース(H26/7/22 活動ニュース版)

2014年07月22日 (火)

世田谷地区コミッショナーグループ
地区コミッショナー 安田明

○スカウトの主な行事終了報告
6/29(日) 東京連盟100Kmハイク実行委員会 代表世田谷第9団のRS
7/19(土) 東京連盟ローバースカウト代表者会議 代表世田谷第20団のRS(残念ながら今回は欠席)

○スカウトの進級・栄誉
隼章伝達 7/6(日) 世田谷第14団VS1名
菊章伝達 7/20(日) 世田谷第4団BS1名
スーパーカブ伝達 6/29(日) 世田谷第6団CS2名
スーパーカブ伝達 7/13(日) 世田谷第4団CS1名

○指導者向けの行事・会議・研修等の終了報告
6/27(金)~29(日) 団委員実修所MT 世田谷地区より2名修了
7/10(木) 英国エジンバラ公国際アワード アワードリーダー研修会 世田谷地区より2名修了
7/12(土) 日本連盟功労章受章者お祝いの会(世田谷地区非公式行事 有志の集まり)
7/13(日) 地区トレーニングチームの集い

○スカウト主体の今後の行事
7/19(土)~8/1(金) 東京連盟ワールドベンチャーキャンプ派遣 米国イリノイ州ウィスコンシン州 世田谷11団VS1名が参加予定。
8/1(金)~7(木) 日本連盟平成26年度CJKベンチャープロジェクト派遣 中国(台湾)南投県 世田谷よりベンチャースカウト1名申込中。
※その他にも日本連盟主催の海外派遣の募集もあります。詳しくは日連HP参照下さい。
8/2(土)~3(日) 世田谷ふるさと区民祭り奉仕
8/3(日)~7(木) 東京連盟サマーキャンプ2014 山中野営場 世田谷地区より4名のボーイスカウト参加予定。
8/8(金) なでしこローバー勉強会
8/14(木)~20(水) 日本連盟富士特別野営2014 山中野営場・・・世田谷からは参加無し
8/23(土) 世田谷区・川崎市花火大会奉仕
9/6(土)~7(日) 東京連盟ベンチャースカウトフォーラム 練馬区立開進第二中学校
9/19(金)~21(日) BSAフォール・パトロール・オー・リー(東京連盟行事)米空軍多摩レク
11/8(土)~9(日) VS50Kmオーバーナイトハイク
11/15(土)~16(日) 東京連盟RS100kmハイク
H27/3/1 東京連盟パインウッドダービー 予選会 CS対象
H27/3/8 東京連盟富士章顕彰者の集い
H27/7/28~8/8 第23回世界ジャンボリー 山口県山口市きらら浜 (前後の期間で多数の外国スカウトよりホームステイ希望があります。世田谷地区でも、受け入れや交流行事については、今後検討していきます。) 


○指導者向けの行事・会議・研修等
10/10(金)~10/13(月) WB研修所CS東京134期 山中
10/10(金)~10/13(月) WB研修所BS東京139期 山中
11/15(土) 第7回安全セミナー 
近県の実修所の予定 BVS課程38期11/1~4山中 CS課程157期5/3~6済那須 BS課程186期11/1~4山中 VS課程25期5/3~6済那須 団委員実修所7期6/27~29大地沢(町田) 団委員11期11/22~24川崎市
上記近県を含めWB実修所及び他県連の研修所の開設予定は日連HPに掲載されております。
研修参加希望者は、早めに身近なコミッショナーにご相談下さい。

10/2(木) 東京連盟チャリティゴルフ
10/12(日)~13(月) 東京連盟スカウトキャンプ研修会 日向
10/19(日) ボーイスカウト講習会 東京農業大学
11/24(月) スキルアップトレーニング

○世田谷地区の指導者定例会議
地区協議会 7/23(水) 19:30 弦巻区民センター
BVSRT 8月はお休み 次回は9/3(水)予定
CSRT 8月はお休み 次回は9/3(水)予定
BSRT 8月はお休み 次回は9/4(木)予定
VSRT 8月はお休み 次回は9/2(火)予定
RSRT 臨時RT 7/26(土) 18:30 太子堂区民センター 8月はお休み

詳細についてのお問い合わせは、コミッショナーグループ又は主管の各種運営委員会あてお願いします。
HIROBA版には、進級・行事参加スカウト、研修指導者のお名前も記載しております。

注:東京連盟・日本連盟と特記無きものは世田谷地区主催の行事です。

ボーイスカウト、活動中! ~7月の3連休~

2014年07月21日 (月)

梅雨明け間近のこの連休は、曇り空でいつ降り出してもおかしくないですね。
連休を利用してキャンプに出かけている団もあるのですが、昨夜世田谷にも振った土砂降りの中で過ごしたスカウトもいます。
もちろん危険を回避しながら活動は予定通り進んだのですが、どうも雨にぬれたりぐちゃぐちゃの地面を歩いたりはかなり気持ちを浮き立たせるようで、スカウトたちはとにかく元気いっぱいだとの情報も入ってきています。

4団ボーイ隊では菊章をとれたスカウトへの「伝達式」が、普段の活動場所である駒沢公園で行われました。このスカウトについてお話はまた改めて掲載しますが、ボーイ隊はお祝いのセレモニーの後は救急法の実地訓練を行ないました。
キャンプ場で、それから気温の低い山でけが人が出た場合を想定しての訓練を二つの班が同時に行ない、手持ちのロープと棒を使って担架を作ったりけがをしたところの手当てに三角巾を使ったりと真剣に取り組んでいました。

22団は近隣の松丘小学校の「緑陰子供まつり」で工作ブースを出店して、子どもたちにブンブンゴマとブーメランづくりを提供。
また3団もリーダーの母校の夏祭りに「めかくしめいろ」を提供し、子どもたちとの交流の時間を持ちました。
上町の武家屋敷での「上町ホタル祭り」には15団が奉仕に駆けつけました。

ボーイスカウトはごく特別な人だけがやっていることではなく、もっと自分の可能性を開いたり充実して生きてみたいと思う人ならどなたでも始められることです。
身近にこんな人たちがいるんだな、ちょっとおもしろそうだなとたくさんの方たちに感じていただけたらうれしいです。

P1120382.JPG10514584_722669874466580_1881631718046633182_n.jpg





日本連盟功労章受章者 お祝いの会2014

2014年07月17日 (木)

日本におけるスカウト運動に対し長年にわたり尽力してこられた方へ、日本連盟よりねぎらいと感謝の章が贈られることになっています。
世田谷地区では、昨年に引き続き今年は4名受章という大変名誉なニュースが飛び込んできました。長く続けることももちろんとても大変な努力が必要なことですが、それ以上にボーイスカウト運動を発展させる礎となってこられるには、見えないところでのご苦労もたくさんあったのではないでしょうか。
早速7月12日(土)スカウト仲間の名誉をともに喜び祝う「お祝いの会」が開催され、35名が参加しました。
どなたも年長の方からは可愛がられ、また後輩からは尊敬され慕われている方ばかり。
美味しい食事をともに楽しみ、たくさんの温かい言葉はもちろん、ユーモアあふれるエピソードもとびだしました。
努力し続けることの大切さ、そしてそのお人柄があってこその受章だと感じられる心温まる会でした。


たか章
世田谷第4団 北爪太圭司団委員長
世田谷第9団 宇田建治団委員

かっこう章
世田谷第16団 坂本正史ビーバー隊隊長
世田谷第3団  奥村勝利団委員長


隼スカウトが誕生しました!(世田谷第14団)

2014年07月17日 (木)

14団のベンチャースカウト峰島くんが第81番目の隼スカウトとして、7月6日に団本部であるカトリック成城教会で伝達式を迎えました。
14団では、毎月第一日曜日は団の全員が8時半からのミサに出席しています。神父様もスカウトミサと位置づけて子どもたちにとても分かりやすいお話をしてくださる素敵な時間なのですが、ベンチャー部門の三宅副コミッショナー・団担当の鷲山コミッショナー・上中進歩副委員長も予定より早く教会を訪れ、一緒に参加してくださいました。
信者でもある峰島くんはいつものように侍者として奉仕。
非常に思い出深い日になったに違いありません。

ミサの後の朝礼。
後輩スカウトやリーダーたちが見守る中、三宅副コミッショナーから隼章を伝達され、カブ隊副長をしているお母さんの手でグリーンのバッジが胸につけられました。
部活に勉強にとても忙しい中、スカウト活動にも積極的に取り組んでいる峰島くんは仲間からの信頼も厚く、後輩のよいお手本になるスカウト。
団委員長の問いかけに、「富士も目指します!」とみんなの前で宣言していました。
おめでとうございます!
P1120320.JPG

ボーイスカウト、活動中! ~7月編~

2014年07月15日 (火)

いよいよ夏到来!
スカウトたちには、暑い夏も楽しく過ごせる予定がいっぱいのようです。

ビーバースカウト(小学校2年生まで)は、探検や水遊び、お祭りのプログラムにわくわくしています。
カブスカウト(小学校5年生まで)は夏のキャンプに向けて準備がはじまりました。キャンプといっても宿舎に泊まるので、おいしいご飯も楽しみの1つ。小学校3年生のスカウトも、3学年が入り混じった組での活動にもすっかり慣れて、自分の荷物をそろえたり、キャンプで使う道具を力を合わせて作ったりしています。
ボーイスカウト(中学校3年生まで)はもちろん野営。手慣れた様子でテントの整備をしたり備品の準備をする班長を見習ったり、計画書を隊長にチェックしてもらったり、調査のたりないところは分担して調べたりと頼もしい姿を見ることができます。
ベンチャースカウト(高校生年代)もローバースカウト(25歳まで)ももちろんキャンプは何よりも楽しみですが、ただ行くだけではつまらない。縦走やより高い山へのチャレンジなど、大自然の中でより自分を高められる目的に向けて念入りな準備をしています。

と同時に進んでいるのが、上進準備。
世田谷地区の多くの団は9月・10月に新年度を迎えるので、それぞれの隊の最高学年のスカウトは次の部門に移るのです。
制服や持ち物をそろえるほかに、心の準備もとっても大切。
これまで友だちとなかよくすることをめざしてきたビッグビーバーは、カブ隊の組活動をはじめることで、自分の事を自分でできるように、また周りの人を助けられるようにがんばるぞ!という新しい目標をもつのです。
カブスカウトもボーイスカウトになるために、ボーイ隊隊長から話を聞いたり、ボーイ隊を体験したり、大人と同じ「ちかい」の言葉を習ったりも始めています。たくさんの大人に見守られてきたカブ隊から、自立したスカウトになる訓練が始まるボーイ隊では雰囲気もリーダーとの関係もずいぶん違ってくるので、プレッシャーもありながらも憧れの先輩と一緒に活動できる期待も大きいようです。

ゆるやかに、でも確実にスカウト一人ひとりが成長してゆくボーイスカウト。
ボーイスカウトを始めるのに、途中からではだめとか遅すぎるといったことは全くありません。でも、もしとてもシャイなお子さんだったり、きちんとみんなと同じスタートラインで始めてみたい...と思われるなら、今が説明を聞いたり、見学・体験の日を決める絶好のチャンスです。
ぜひ、お近くの団またはwelcome@bs-setagaya.orgにお問い合わせください。

☆ボーイスカウト総合窓口のお知らせ
8月2日(土)と3日(日)馬事公苑で開催される「第37回せたがや ふるさと区民まつり」に、ガールスカウトと合同ブースを設けます。クラフトやゲームを準備しているところ。もちろん無料です!
ガールスカウトもボーイスカウトも、見学・体験・入団などの相談ができる窓口も開きますので、お気軽にお立ち寄りくださいね。ブースは、馬事公苑東門を入ってすぐです。



NEWS! ~世田谷第11団の団委員長、ラジオで語る~

2014年07月02日 (水)

昨年の秋に「ボーイスカウト芸人」がTV放映されたあと、ちょこちょこメディアに取り上げられているボーイスカウトですが、7月6日(日)は現役の団委員長(団をまとめる、運営責任者)である中田幸司氏が、あの人気番組に出演してボーイスカウトの魅力を語る機会に恵まれました。

TBSラジオ(954KHz)「安住紳一郎の日曜天国」
7月6日 10時00分~11時55分(中田 団委員長は11時頃登場予定)...

中田団委員長は子どもの頃からボーイスカウトを始め、団の後輩を導く傍ら世田谷地区のまとめ役としても尽力された方。
現在は、用賀や砧公園を中心に活動を展開している世田谷第11団のトップとして団の運営や指導者の育成に活躍されています。

ご自身も育った11団は、まるで兄弟のような温かさの中にも、ピシッとメリハリのある男子だけの団。
なぜボーイスカウトをそんなに長く続けてこられているのか?
続けてよかったと思われることは何か?
そもそも、ボーイスカウトの魅力ってどんなこと?
などなど、ちょっと聞いてみたいな...と思われるようなお話もきっと出てくるはず。

世田谷地区の仲間たち、ラジオの前に集合しましょう!
ボーイスカウトに興味のあるみなさんも、ぜひお聞きくださいね。
きっと「なるほど!」の発見があることまちがいなしですよ。
10426603_727635470632428_1702120140313364059_n.png



スーパーカブが2人誕生しました! ~世田谷第6団~

2014年07月01日 (火)

ボーイスカウトの活動には、「誰かのために」や「自然とともに」、「新しいことの発見や冒険」といったキーワードが盛り込まれているのですが、「自分の中に眠っている可能性を見つけ、伸ばしてゆく」もその一つ。
特に興味のないことでもまずはチャレンジしてみることで「好きなことを発見」したり、「もっと知りたいと思っていたことを調べることができた」とか、「好きなことが得意なことになった」と発展させていけるシステムは、ボーイスカウトならではのものです。

カブスカウト(小学校3年生~5年生)では40種類のチャレンジが提案されていて、クリアできるとその項目のワッペンがもらえます。
色とりどりのワッペンはがんばった証!
制服の袖に縫いつけたり、もっとたくさんもらうとタスキにつけることができて、カブスカウトたちの憧れの的となります。
世田谷地区では、7年前からすべてのチャレンジをこなしたスカウトを「スーパーカブ」として認定し、通し番号のついている素敵なチーフリングをおくっています。

世田谷第6団の2人のくまスカウト(5年生)がすべてのチャレンジ完了!
6月29日。カブスカウト仲間はもちろん、保護者、リーダー、団委員長も見守る中授与式が厳かに行われ、54番と55番のチーフリングが2人におくられました。
6団の団本部は宮坂にある乗泉寺にあり、敷地内でのびのびと活動することもできるのですが、スカウトルームが完備されているのも大きな魅力。
リーダーたちがお祝いのパーティーを準備して、みんなでお茶とお菓子をいただきました。

「どんなスカウトになるかなって楽しみにしていたけれど、努力した後はこんなにうれしいことが待っているんですね!」
やさしい団委員長からのねぎらいの言葉に、
「この先もずっとボースカウトを続けていきます!」
と、2人からの力強い返事。


後輩スカウトからスーパーカブの2人になにやら素敵なプレゼントが贈られたり、記念撮影をしたり、この日お誕生日でもあった団委員長にみんなでお祝いの歌を歌ったりと、あっという間の楽しい一時間がすぎていきました。
6団では、アットホームで和気あいあいとした雰囲気の中で、スカウトたちがのびのびと育っています。
DSC_6581.jpgのサムネール画像DSC_6589.jpgのサムネール画像P1120299.JPG

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ