素敵な出会い

2017年03月23日 (木)

ボーイスカウト運動を続けて楽しいことはいろいろあります。
・スカウト一人ひとりの成長を見守っていけること
・その成長ぶりを周りの人たちと共有できること
・自らの生き方を振り返るチャンスがたくさんあること
・リーダー同士もよい仲間として過ごしていけること
・新しい仲間がふえること
などなど、数えだしたがきりがないくらい。
どれも、人と人がともにあることで得られる感動が原点にあります。

今月初めには、思いがけない喜びに出会いました。
イギリスで活動するスカウトとそのお母さんとお友だちという、世田谷にお住まいの方から
「キミの成長へのチャレンジの1つとして、外国のスカウト活動の様子を調べたり教えてもらったりする文通をしてみてはどうか?とリーダーから勧められたEthanくんが文通相手を探しているのですが、どちらに伺ったらいいのでしょう?」
とのおといあわせがありました。
なんと!
イギリスと言えば一昨年の夏山口県きらら浜で開催された第23回世界スカウトジャンボリーのあとで、世田谷地区内のあちこちのスカウトの家にホームステイをしてくれた、とっても親しい国。
言葉がうまく操れなくても、お互いに理解しようという気持ちをベースに、どこの家庭でも忘れられない、貴重な3日間を過ごすことができたのです。
その国に住むEthan君のために、何か力になれるならこんなにうれしいことはありません。

さっそく同じくらいの年齢のボーイ隊リーダーをサポートしているリーダー発信で、文通を希望するスカウトを募集したところ、数日のうちになんと3名も名乗りを上げてくれました。
今度は日本からEthan君のほかにも文通をしたいスカウトをぜひ紹介してもらいたいと、間に入ってくださっている方がイギリスのお友だちに向けて連絡、目下そのお返事を待っているところです。

国や言葉、習慣も違うところに住んでいても、ボーイスカウトは共通の言葉。
どんな風に過ごし、どんな風に自分を高めているのかも、ボーイスカウトの考え方やめざすものは世界中同じなので、すぐに会話が始められるのは大きな強みです。
ボーイスカウトとはあまりご縁のない方とも、子どもたちに素敵な体験をさせてあげたいと力を合わせることができて、とってもうれしい気持ちです。


新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ