世田谷のカブスカウトは「いつも元気!」

2014年04月17日 (木)

4月13日、木々の新芽に爽やかな風が吹き渡る駒沢オリンピック公園に、世田谷じゅうのカブスカウトのうち194人が集合しました。

今日は年に一度の世田谷地区カブラリー。
いつもは自分の団の仲間と活動しているカブスカウトたちですが、「世田谷にはこんなにたくさんのカブスカウトがいるんだ!」と改めて仲間の存在を知り、2020年に開催が決まった東京オリンピックを意識した「カブリンピック2014」を通じてお互いに競い合ったり、友だちになれる絶好のチャンスです。

中央広場より北のエリアには5か所のチェックポイントが設けられ、リーダーたちが趣向を凝らしたゲームやスポーツ体験を用意してスカウトの到着を待ちかまえていました。
「打つ」コーナーでは、作りボードの穴をめがけ割りばし鉄砲を使って輪ゴムを飛ばしたり、「武道」コーナーでは本物の竹刀を手に「面!」「胴!」を体験したりと、どのコーナーもスカウトたちはわくわくしながらチャレンジし、競技中はまさに真剣そのもの。
もちろん仲間への応援も忘れません。

チームワークと元気のよさと得点の高さで第一位の金メダルに輝いたのは、8団1組でした。
また、2人の小学生がお住まい近くの団の一員として、初めてのカブスカウトを体験してくれました。とっても楽しかったよ!と聞きました。
ご参加、ありがとうございました。


P1110903.JPG

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ