スーパーカブ誕生!(世田谷第3団)

2015年09月29日 (火)

9月6日。山野区民集会所では、世田谷第3団のキャンプ報告会が行なわれました。
それに先立って、なんとしかスカウト(小学校3年生。3学年からなるカブ隊の中では真ん中の学年に当たります)のスーパーカブ授与が行なわれました。

スーパーカブは、カブ隊に所属している3年の間に40種類にも及ぶ、さまざまな分野へのチャレンジをすべて終わらせたスカウトのこと。
家庭や学校で、自分の好きなことややってみたいことを伸ばし、またちょっと苦手だなと思っていたことでも取り組んでみることで、自分を発見できる素敵なシステムなのですが、これをまんべんなく終えるというのはなかなか根気のいることです。

このスカウトは昨年の夏に入団してから、すっかりバラエティーに富んでいるこのブックがおもしろくなってしまい、お母さんも巻き込まれて一緒に取り組んできたそうです。入団の時にご両親が願っていた「社会性の向上」「視野、思考の拡大」の実現にもぴったりだったのかもしれませんね。

もちろん、苦手なものもあって、特に「水泳選手」はとてもとても頑張ったのだそうです。
「うまくできるようになったか」ではなく「そうなりたい自分に向かってがんばってきたか」がたいせつだと考えるボーイスカウトらしく、目標に達成できたこと以上に、彼女の頑張りそのものをたたえ記念のチーフリングが授与されました。

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ