ビーバースカウト

世田谷第23団活動報告 幕末維新祭り

2016年10月26日 (水)

毎年、世田谷第23団では松陰神社で行われる「幕末維新祭り」に松蔭カレーを出店しています。
世田谷第23団は、世田谷区の松陰神社を活動の拠点している団で、吉田松陰先生が理想とした、真心が人を動かす意の「至誠」を団の目標としています。
年に数回行なう訓練キャンプは、松陰神社の境内をお借りして行なっています。

来年の「せたがや区民祭り」は、区役所とこの松陰神社周辺で行われるそうです。
近隣で、ボーイスカウト活動にご興味のある方は、ぜひ世田谷第23団にお問い合わせください。

詳細は、世田谷第23団ホームページ


20161022_news_1.jpg

ビーバーラリー / 宇宙探検!楽しかったね☆

2016年06月03日 (金)

DSC08471.jpg
世田谷じゅうのビーバースカウト(小学校1年生と2年生)が集まって、果てしない宇宙やかけがえのない地球のことを知る「ビーバーラリー2016。
DSC08540.jpg
お天気に恵まれた5月15日、砧公園ファミリーパー クでにぎやかに開催されました。
「こんなにたくさんビーバースカウトがいるんだな!」は、団ごとに一列に並んだ時も、ビーバー隊集合の時に作る大きな輪がとーっても大きくなった時にもみんなで実感したようで、スカウトたちはいつも以上にはしゃいで元気いっぱい。
DSC08706.jpg
広々した公園で鞘若菜空気をいっぱい吸いこんで、身体じゅうで楽しさをあらわしていました。
DSC08671.jpg
この日は、年長さんもボーイスカウトを体験してもらうのに最適な一日だったので、いつもなら「一番小さい学年」で甘えることもできる1年生スカウトも、一生懸命小さいお友だちをもてなして、一緒に遊ぶことができました。
DSC08719.jpg
ボーイスカウトは年の近い集団の中で「どうやったらみんなと楽しく過ごせ るかな」を肌で感じながら、周りの人々と協調して生きていく力も磨かれていく場。
「楽しい!」「おもしろい!」と遊びながら自然に身につけていくことができます。
DSC08454.jpg
ホームページの特設ページからお申し込みをいただいたみなさん、ありがとうございました。
ビーバーラリー体験はいかがでしたか?
もう少し体験してみたいな、ボーイスカウトっていいね!と思われたら、どうぞ体験された団の担当の方と連絡を取り合って、団での体験も続けてみて下さいね。
また、何かわからないことや聞いてみたいことがあれば、どうぞご遠慮なくwelcome@bs-setagaya.org にお問い合わせください。

砧公園で宇宙探検!? ~2016年5月15日 ビーバーラリー~

2016年03月04日 (金)

世田谷地区内には小学校2年生までのビーバースカウトが80人くらいいて、それぞれの団で元気に活動しています。
一番小さな年齢のスカウトたちなので、まだまだリーダーにたくさん遊んでもらって「楽しい!」「おもしろい!」が最優先。じっとしていられず走ったり笑ったり、歓声をあげたりする様子を、たくさんの大人が目を細めて見守っています。

団という、おうちの人以外のあらゆる年齢の人々に囲まれる小さな社会は、ボーイスカウトらしく「友達となかよく」とか「道を歩くときに注意することは」、あるいは「今は静かにリーダーの話を聞く」といった、周りの人と上手に過ごしていく力を少しずつ身につけていくのにピッタリ。
19年後には、今いる仲間たちがまるでもう一つの家族のように大切な存在となり、その中でお互いに磨きあい育まれていく自信や勇気、誠実さといった、世の中で生きていくうえで強い味方となる力を備えつつある自分を発見できたらいいなと思います。

さて、そんなボーイスカウトの入り口にいるビーバースカウトたちのお祭り「ビーバーラリー」が、今年も5月15日砧公園で開催されることとなりました。
自分の団に一緒にいる仲間のほかにもビーバースカウトがいっぱいいるなんて、きっとスカウトたちにとってはびっくりな大発見にちがいありません。
先日打ち合わせ会議に潜入したら、リーダーたちもわくわくしながら企画を練っていました。
どうやら宇宙を探検するストーリーが組み立てられているようで、ロケットを作って持ってくることも検討されていましたよ。
次の会議にも潜入して、もう少し詳しい情報をお知らせしますね!

ビーバーラリーは、世田谷じゅうの小学校1年生と2年生のスカウトが集まり、初めて会う友だちやリーダーとふれあいながら「みんなで一緒にいるって楽しい!」を身体じゅうで感じられるイベントです。
もちろんボーイスカウトにはまだ入っていないけれど興味があるな...と思っている友だちも一緒に体験してもらうのも大歓迎!
年長さんから2年生までのお子さんなら、きっとビーバースカウトと同じように楽しめるし、もう少し小さなお子さんの場合は、ゲームの一部に参加してみることもできます。
まだちょっと先の話ですが、もし興味をお持ちになったらどうぞお気軽にお問い合わせくださいね。
最寄りの団、ご希望に沿う団のご紹介や見学の方法などお知らせします。

新しくビーバー隊ができました! ~世田谷第25団~

2015年11月13日 (金)

国士舘大学楓門祭がにぎやかに行なわれている11月3日、メイプルセンチュリーホール5階会議室にて、世田谷第25団ビーバースカウト隊発隊式とビーバースカウトの入隊式が行なわれました。
大学のクラブとしての「ローバーガイズクラブ」でもある世 田谷第25団は、39年間ローバースカウト隊のみで活動してきましたが、今年ビーバースカウト3名を迎えてビーバースカウト隊も新しく活動を始めることとなりました。
現在ローバー隊で活躍中の3人のスカウトが副長を兼務し、古谷隊長とともにスカウトの育成にも取り組み、スカウトの身近なお兄さん・お姉さんとしての活動も始めます。

ドキドキで会場にやってきたスカウトたちは、見慣れない地区のおじさんたちが待ち構えているのにびっくりした様子。
ちゃんと家で練習してきたはずの「ビーバースカウトのやくそく」も緊張しすぎて言葉が出てこないほど。
でも大丈夫。
隊長がスカウトに寄り添って、優しい笑顔と励ましの声をかけると、いつもの自分らし さを取り戻し、みんなでそろって「やくそく」をいうことができました。

見守る地区役員やコミッショナーたちはいつも以上ににこやかで、新しい仲間であるスカウト達が可愛くてたまらない様子。
笑顔とともにエールを送りました。
新しいビーバースカウト隊の、これからの活躍が楽しみですね!

日本ボーイスカウト東京連盟世田谷第25団のHPはこちら
国士舘大学ローバーガイズクラブのHPはこちら


DSCN1796.JPG

ありがとうございました! ~ビーバーラリー~

2015年05月23日 (土)

雨上がりの日差しの眩しい5月17日。
砧公園でのビーバーラリーに遊びに来てくださったみなさん☆ 
どうもありがとうございました!

あらかじめメールやお電話でご連絡をいただいていた方の到着を待っている間の、ワクワクするような気持ち。
向こうから歩いてこられる親子連れに
「もしかして??」
とドキドキする気持ちを、たくさん味わわせていただきました。
「こんなに広いなんて思わなかった~~」
とおっしゃる方もいらして、ああ、ちゃんとお知らせしておけばよかった!と反省です。

「なんだか楽しそうなので来てたのですが...」
と、勇気を出して声をかけてくださった方もいらっしゃって、本当にうれしかったです。
スポーツや習い事など、今は選択肢がたくさんあるので、ボーイスカウトと出会えることも意外と難しかったりもするかもしれませんね。
案外おうちの近くに、通いやすい場所に活動している団があるのに、たまたま出会っていなかっただけということもあるので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

参加くださったみなさんには、それぞれご希望のお近くの団のスカウトと一緒にチェックポイントめぐりを楽しんでいただきました。
糸電話では、ちゃんと声が聞こえたかな?
ローバースカウト(18歳から25歳)のお兄さん・お姉さんの教えてくれる「さんか君」は、上手に折ることができたかな?
にらめっこで思わずにっこりした顔は、みんなとっても素敵でしたね。

ビーバースカウトはボーイスカウトの入り口です。
なんだか楽しく遊んでいるだけみたいなのだけど、ちょっとずつちょっとずつ、ボーイスカウトで身につけてもらいたいエッセンスが心に栄養を与えています。
「あら?こんなことを考えるようになっていたんだ!」
なんてびっくりする時が、いつか必ずやってくるのが本当に不思議。
ぜひ一日の楽しかった思い出に終わらせず、参加していただいた団での活動をもう一度は体験してみて下さいね。


ビーバーラリーに参加することができなかったみなさん☆
どうぞご安心ください。
世田谷地区のビーバー隊では、どこの団でもいつでも見学・体験ができますよ。
お気軽に入力フォームやwelcome@bs-setagaya.org でお問い合わせくださいね。
お待ちしています。

ところで...
明日は大蔵総合運動場の体育館でわんぱく相撲が行なわれ、ボーイスカウトも噴水近くのテントでゲームを用意してお子さんが遊びに来られるのを楽しみにしています。
雨の予報ですが...外れるといいのにな!
9時半ごろから14時半ごろまでいますので、遊びに来てね!

楽しかったね!ビーバーラリー2014

2014年05月21日 (水)

朝から本当にきれいな青空が広がった5月18日。
世田谷地区の90人近くのビーバースカウト(小学校1年生、2年生)が続々と砧公園に集まってきました。

それぞれの団の事前集会などで一生懸命用意した衣装を身につけて、すっかり「なりきり」冒険者と化したスカウトたちは、まず登場した「和食の神様」にくぎ付け。
WASHOQUEST(和食クエスト)をテーマに、元気の源である食事に欠かせない調味料(秘宝)を獲得していくゲームに元気よくチャレンジしました。

世田谷地区にはこんなにたくさんのビーバースカウトがいるんだ!と発見したことや、秘宝の守り人であるよその団のリーダーたちに遊んでもらったよろこびやうれしさは、きっとスカウトたちをわくわくさせ、また次の集会も楽しみになったことでしょう。

この日のもう一つのお楽しみは、ビーバー仲間全員とローバースカウト(18歳~25歳)のお兄さんお姉さんとの「オッポトリ」!
指導者たちが作る大きな輪の中に恐る恐る入っていったローバースカウトたちは、鮮やかなピンクの紐(オッポ)をつけていて、それをとられないように逃げ回るのが役目。
待ち構えるビーバースカウトは一斉にオッポをめざして走り出します。
年齢を超えた真剣勝負に、元気な歓声とはじけるような笑顔がいっぱいでした。
結果はもちろん、冒険者ビーバーたちの圧勝!


区立小学校全校に配布させていただいたチラシや、このホームページをご覧になって、また「親と子のつどい」「わんぱく相撲」のボーイスカウトコーナーにお立ち寄りくださって、ビーバーラリーに参加してくださった方はなんと38人!
新しい出会い、本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

これからまた、それぞれの団での活動が始まります。
ビーバーラリーを体験してくださったみなさん。
ぜひもう一度、ボーイスカウトの体験に参加してみてくださいね!
ボーイスカウト運動の魅力や素晴らしさは一言ではとても言い表せなくて、たぶん時間をかけながらじんわりと感じられるもの。
地域のみなさんと一緒に子育てしていく素敵な機会を、ぜひあなたのものにしてください。

引きつづきご質問・ご相談がありましたら welcome@bs-setagaya.org  にお寄せくださいね。


世田谷地区
見学・入団担当
P1120110.JPG
DSC_5980.jpg


世田谷第15団 団祭り

2013年05月20日 (月)

世田谷第15団では、6月2日に天祖神社(ボロ市通り)で、団祭りを行います。
幼稚園年長から中学生まで参加可能ですので、ぜひお越し下さい。
お問い合わせは、世田谷第15団まで。
http://bs15.jimdo.com/

20130520.jpg

2013年3月20日 世田谷7団発団60周年記念イベント

2013年03月24日 (日)

11月に迎える世田谷7団発団60周年記念式に先駆けて、ローバースカウトにより「団全員での60mのうどん作り」が行なわれました。
団委員長の「団の一人ひとりが手をかけること・60年の歴史を感じること」というお話を胸に、見学や応援に来てくれた人も合わせ、総勢120人が6つの班に分かれ、おそろいのバンダナを頭に巻き、手際良く作業を始めました。
先輩スカウトたちが手を貸しながら、年少のスカウトたちも一生懸命こね、足で踏み、おいしいうどん作りに欠かせない「やすませる」間は、全員で野外ゲームを楽しみました。
ちぎれないように用心しながらのばしたうどんは、なんと60mを大きく上回り97mにもなりみんな大喜び。
持ち寄った具材で作られた豚汁の味にも大満足で、記念イベントにふさわしい一日となりました。
20130320_1.jpg

2013年1月13日 新年子どもまつり

2013年01月25日 (金)

世田谷区役所で開催される「新年子どもまつり」には、今年も世田谷地区のスカウト達もたくさん集まりました。
朝9時からの、世田谷地区のセレモニーでの菊章伝達式に参加したあと、ビーバースカウトやカブスカウトはそれぞれに興味のあるコーナーに向かいました。
何といっても一番の人気は「雪のすべり台」!新潟県十日町市から運ばれてきた雪を固めて作られた大きな滑り台を見て、みんなわくわくして順番待ちの列に並びました。高いところから一気に滑り降りるスリルは格別だったようです。
日本のお正月の雰囲気を満喫できるよう、このおまつりは伝承あそびや工作がたくさん用意されていて魅力満点ですが、やはりスカウト達がうれしそうだったのはリーダー達が用意した[ミニオリエンテーリング]や[コイン落とし]、[おしりキャじり虫]。自分の知っているリーダーを見つけると、どこか得意げな笑顔になっていました。
参加する側から奉仕する側となったボーイスカウト達は[リサイクルコーナー]を担当し、建物の陰で冷たい風が吹く中も、元気よくごみの分別を呼びかけました。また、ベンチャースカウト達が用意する[無料カルピスコーナー]は今年も大人気でした。アツアツのカルピスを飲んで一息入れて、また元気に遊びに行く人がたくさんいました。
今年初めての試みでのローバースカウトのお兄さんお姉さんの[ロープワークコーナー]も大盛況で、子どもたちだけでなく大人も興味しんしんで、気に入った結び方を教えてもらっていました。その一角に設けられた[ボーイスカウトの体験・見学の案内ブース]では、より多くの方々にボーイスカウト運動の素晴らしさをお知らせする活動も行なわれました。
20130125_7.jpg

世田谷14団クリスマス会

2013年01月09日 (水)

2012年12月23日 世田谷14団クリスマス会
カトリック成城教会に本部のある、14団ビーバー隊・カブ隊とガールスカウト東京58団の合同クリスマス会は、神父様からの「クリスマスは命の大切さを教えてくれる大切な日」というお話で始まりました。
第1部はスカウト達の寸劇や歌、リーダーによる楽しいゲームでにぎやかに進んでいきました。ステージの上でせりふを忘れたり順番をまちがえても気にしない!どのスカウトも笑いに変えて楽しんでいく、この底抜けの明るさは14団の持ち味のようです。
休憩をはさんで、第2部では今なお復興途上の東北に思いを寄せながら、保護者や兄弟姉妹、見学のお子さんも全員参加でハンドツリー製作をしました。
まず緑色の画用紙を自分の手のひらの形に切り抜きました。それを葉に見立てて大きな模造紙に順番に貼り合わせていき、周りにスカウト達からのメッセージがたくさんちりばめると、大きくて優しさいっぱいのみごとなツリーが完成!
翌日クリスマスミサでは、神父様の計らいでお御堂に展示して、多くの方に見ていただくことができました。ぼくらと同じ子どもたちにも、幸せなクリスマスがきますように。
IMG_3737.jpg

世田谷24団クリスマス会

2012年12月22日 (土)

2012年12月22日 世田谷24団クリスマス会
今年もみんなが楽しみにしていたクリスマス会がやってきました。
会場となった梅ヶ丘パークホールの飾りつけやテーブルセッティング、プログラムの準備は、いつもの通りリーダーもスカウトも、もちろん保護者もみんなで力を合わせて行ないました。
24団の仲間が全員テーブルにつくと、団委員長やローバースカウトの司会でいよいよクリスマス会の始まり!ビーバー隊からローバー隊までそれぞれ趣向を凝らしての発表や出し物は楽しくよく準備されたものばかりで、あちこちから笑いや盛大な拍手が送られました。
大きなイベントの1つはケーキ作り。各テーブルのスカウトが、スポンジケーキにクリームやフルーツを飾りつけて、自分達の素敵なクリスマスケーキを準備しました。各テーブルで切り分けていただいた時の、スカウト達の誇らしそうな表情に思わずみんなにっこり。
最後には全員参加でのクリスマスプレゼント交換が行われました。これが大変で、初めは団委員長の掛け声に合わせ、1つずつ隣りの人に渡していくのもやっと。それでも大きな輪はだんだん一つにまとまって、最後には1人ひとりが素敵なプレゼントを手にすることができました。
24団らしいアットホームな雰囲気に満ちたクリスマス会となりました。
P1090224.jpg

段ピザ大作戦!! ダンボールオーブンでのピザ作り 北沢八幡神社

2012年05月01日 (火)

20120501_8_bosyu.jpg
段ピザ大作戦!!
ダンピザってなに??

なんと!段ボールでピザが焼けるんです!

当日は、ボーイスカウトの日頃から行っているキャンプの様子もご覧いただけます。
テントの設営、ロープワーク、屋外炊事など野外活動を通じて、たくましく自分で
  考えられる青年に育つように考えられた育成プログラムです。
是非、皆さんのお子様にお勧めいたします。親子でご体験ください。

内容 : ダンボールオーブンでのピザ作りと
     ボーイスカウトのキャンプサイト体験
日時 : 平成24年5月27日(日) 10時~14時まで
場所 : 北沢八幡神社境内(代沢3-25-3)
もちもの : 不要(参加費は無料です。)
下記にご連絡をいただくか、当日現地にお越しください。
※保護者の同伴をお願いします。
連絡先ボーイスカウト世田谷第8団

世田谷第8団スカウトまつり / 段ピザ大作戦!!

世田谷第11団 11月6日ボーイスカウト野外調理体験見学会

2011年10月05日 (水)

11/6、世田谷第11団カブ隊とビーバー隊は合同で活動します。
野毛公園では、野外調理を行います。
今回の野外調理は、ドッキリ肉まん、一斗缶で焼くピザ、野菜スープ、ジャンボプリンなど。デザートは、デザートゲットチャレンジラリーというミニゲームを予定しています。
また、目隠ししてから箱の中の中身を当てる「触感ゲーム」など企画も盛りだくさん。

集合場所:等々力駅
集合時間:9:30
解散:15:00
活動場所:野外炊事 野毛公園
持ち物 :ビーバー隊必携セット、カブ隊必携セット、水筒、食材(見学者の方にはお問い合わせ時にお知らせします)、食器、武器(ボーイスカウト用語:箸やスプーンなど)
服装:制服、制帽
*小雨決行、大雨中止します、連絡は当日7時AM。
20111106_11_cooking.jpg
11団は、用賀、砧公園を中心に活動しております。
見学のお申し込み、お問い合わせなどは、11団ホームページよりお問い合わせください。

世田谷16団:スカウト訓練体験会のご案内

2011年06月14日 (火)

スカウト訓練体験会のご案内
災害時にちょっと役立つ事をやってみよう!
是非一緒に体験してみませんか?


6月26日(日)PM1時~PM3時 世田谷公園 中央広場
プログラム例:サバイバル・ライス、緊急タンカレース、救助ロープ、三角巾利用法

詳しいことはお友達のボーイスカウトに聞いて頂くか下記までご連絡ください。
世田谷16団ホームページ:http://blog.livedoor.jp/setagaya16/
連絡先e-mailアドレス:setagaya16@gmail.com

20110626_16.jpg

2011年世田谷地区BVS合同プログラム

2011年05月25日 (水)

晴天に恵まれた5月15日、世田谷地区BVSは「こどもの国」で合同プログラムを行いました。
プログラムは、サバメシ(サバイバルめし)で、ビーバーが空き缶でご飯を炊きました。
副食は、各団で用意しました。
午後は、みんなでゲームで盛り上がりました。
心配していたケガもなく、とても楽しいプログラムでした。
act.jpg


サバメシと世界の料理
世田谷11団ビーバー副長 山田孝太

「ビーバーは牛乳パック3箱をはさみで2cm幅の短冊に切ってください。リーダーは350ccのアルミ缶2個を缶きりでふたを開け、1個は4か所にカッターナイフで穴を開けてください。」
4月のビーバーラウンドに続き、サバメシの作り方の説明を行った。地震で電気やガスが止まってもボーイスカウトは恐れず、自信を持ってご飯を炊くことができる、生きていくことができることが分かってくれるかなと思い、ビーバーに説明する。
ビーバー世代の集会は難しい。ましてや世田谷地区のビーバー全員が参加するとなるとなかなか意見が纏まらない。最初に5月15日にビーバーで何かしようということが決まった。若手リーダーがビーバーの成長を50周年行事のある今年も見てみたいを言ったから、僕も同調しようと思った。「料理はどうか。」「100人以上集まれる場所があるのか。」思わず、僕は「こどもの国がある。」と言った。言ってしまった手前、こどもの国に電話してみたら、運良く野外調理場100名分が予約できた。
「ビーバーが火を使って良いのか。」もっともなご意見である。「スカウティングフォアボーイズ」と聞いて、スカウト達はどのような絵を思い出すのだろうか。僕はスカウトがテントの前で野外調理している絵を思い出す。今もそのチーフリングを愛用している。ボーイスカウトはキャンプ、ハイキング、野外調理だと思う。ビーバー世代では何ができるのかリーダーはいつも試されているのだとも思う。最後は地区コミを含めたビーバーラウンドのメンバーがゴーサインを出してくれた。
2年前のカブラリーではこどもの国の一般の方に「スカウトのおかげで場所を追い出された。」とクレームが出た。「雨が降ったらどうする。」またもっともな意見が出る。心配になり、こどもの国に聞いてみる。すると、100名であれば、野外調理場の半分は占有できる。しかも屋根つきだ。これはできそうだと感触をつかんだ。
数度のラウンドと下見を経て、5月15日を迎える。台風一過の晴天だ。11団の副長2人が先発隊でこどもの国の正門前に向かい、集金と受付を始めてくれている。なんと大人の券が足りなくなる盛況ぶり。最終的には小学生75名と大人100名以上と大幅増加。結局人数が増え、野外調理場を完全に占有する。澄み渡った晴天に感謝する。
10時からの開会式。ほぼ予定通りに14の団が集まる。「みんなで大きなわを作ろう」を歌い、輪を広げる。8団のカブがビーバーラリー旗を開いてくれる。僕がビーバーのきまりの順番を間違ったのも愛嬌で、地区コミが東日本大震災と今日のサバイバルメシをうまく説明してくれる。僕は2週間前に習ったばかりのウッドバッジでの開会式を再現する。
サバメシを説明する。14団にも説明戴く。世界の料理が始まる。11団は今日、ビーバーの一人が保護者なしで参加。空き缶はリーダーに手伝ってもらい穴を開けてもらい、紙パックをビーバーが切る。短冊に火をつけ、空き缶にくべ始める。ビーバーは頑張って大人の助けなく25分間短冊をくべ続け、ご飯が炊ける。以前、西宮3団や世田谷11団での集会と同様にビーバーにはサバメシを作る能力と集中力があることを再認識する。
11団はハンターシチューがおいしくできあがる。8団の焼き豚がおいしい。3団のニョッキもうまい。自分の力だけででご飯を炊いたビーバーは目を輝かせている。
1時半よりゲームが始まる。4団の隊長が上手に「森の大工」でゲームを始める。「猛獣狩り」では富士章の新ローバーが水鉄砲等を準備し手伝いゲームは盛り上がる。新ローバーのモルジブプロジェクト発表を思い出しながら、今後の活躍を祈る。「むかでじゃんけん」「カードさがし」でゲームは最高潮に盛り上がる。
最後は地区コミの話、ビーバーラリー旗の降納、「きょうのあつまりもうおしまい」で閉会式。写真を撮り、最後はこどもの国に感謝のみを残す。帰りがけに「無名スカウト戦士の像」を訪れ、ビーバーに説明の上、敬礼して帰宅の途につく。
帰りの電車の中で、ビーバーの生き生きとした顔を見ると、さて次回はどのように進めようかと胸がはずむ。リーダー冥利に尽きる瞬間である。

以上

【活動レポート】世田谷16団 リバイブ・ニッポン・スポンサード・ウォーク

2011年05月11日 (水)

5月1日、世田谷16団ではリバイブ・ニッポン・スポンサード・ウォークを行いました。
スポンサード・ウォーク(チャリティウォーク)とは、歩いて楽しむボランティアです。
スカウトたちは、掲げた目標を達成することでご両親、祖父母をはじめ応援している方々からチャリティをしていただくというものです。

現在、世田谷地区の各団で、東日本大震災における様々な支援活動を行っております。
その他の情報も今後掲載していきます。


リバイブ・ニッポン・スポンサード・ウォーク
Revive Nippon - Sponsored Walk Campaign
by 16th Setagaya Boy Scouts, Tokyo, Japan
ボーイスカウト世田谷第16団では、2011年3月11日(金)の東日本大震災で被災された方々を支援するために、5月1日(日)にスポンサード・ウォークを行いました。ビーバーからボーイ隊のスカウトたちやスカウトの保護者たちが、世田谷公園から北の丸公園を経由し、都内11kmから34kmの距離を歩き、歩いた距離によって募金への協力をお願いするものです。ご協力いただいた募金の全額は、日本赤十字社の「東日本大震災義援金」に寄付します。
5月1日は曇り空で、途中で雨がぱらつく一日でしたが、一人も落伍者が出ることなく、それぞれの隊で目標としていた距離を無事完歩することができました。普段、長距離を歩きなれないスカウトたちにとっても、目標を達成できたことで大きな自信になったことでしょう。スポンサーを募るために、事前にご近所や周りの方に趣旨をご説明し、協力をお願いすることにより、子どもたちも自分たちがスカウトであることの自覚を高め、被災者の方々に思いを寄せる良い機会であったと思います。

一緒に歩いた大人たちも、スカウトたちを励ましながら長距離を歩いたことで、達成感を共有できたことと思います。途中で足が痛くなり、自分のペースで頑張って歩き続けるスカウトの姿にはとても感動し、逆に励まされました。また、歩く道すがら、普段あまり目に止めることのない、都内の名所や歴史的な建造物などを発見するのも、また楽しみでありました。

スポンサード・ウォークは、イギリスのボーイスカウトではときどき行われているものと聞いていますが、日本では馴染みがないため、まずは16団の中で目的意識を共有し、歩くルートを決定するために指導者や団委員、保護者の間で議論や話し合いを何度も何度も重ねました。時間をかけてルートを練り上げたり、地図を作製したり、幟を作成したり、当日の役割分担の調整など、みんなの協力によってこのイベントを成功させることができました。今回多くの方にイベントの趣旨をご理解いただき、スポンサーになって頂けたことも、私たちの大きな励みになりました。16団では、今後もさまざまな機会を通して、被災者を支援していきたいと思っています。


Revive Nippon - Sponsored Walk Campaign
by 16th Setagaya Boy Scouts, Tokyo, Japan

We, the 16th Setagaya Boy Scouts troop, some parents and of course Scout Masters met together in Setagaya Koen at 6:30 on the morning of Sunday May the 1st. We were to complete a walk through Tokyo City of different lengths according to our age group. The Beavers would attempt to walk 11 km, the Cub Scouts would take on a 22 km walk and finally the Boy Scouts should endeavour to walk 33 km.

The idea of this walk was brought up by a parent and was approved by the troop. We would ask as many people as possible to sponsor our effort to walk a distance and ask each sponsor for "n" amount of Yen per kilometre walked.

I personally was very pleased by the generous response by many kind hearted people who were willing to sponsor my kilometres walked, to support the survivors of the March 11th Earthquake and resulting Tsunami.

The walk started at about seven o'clock for our team and we completed it around four thirty. We all completed the course and we all enjoyed the walk. Our team was with a knowledgeable Scout Master (Satoh Taicho) who pointed out many interesting historical facts along the route that had been carefully chosen by a keen runner among the parents.

Judging by my own achievement as far as money coming in was concerned, it was a success and will give a significant amount to those deserving people in the Tohoku area.

If any other Boy Scout Troops are thinking doing something like this, then I must thoroughly recommend the idea of a sponsored walk, because if it is done in an interesting area then you will enjoy it as well as help those people in the devastated area.

Martin Browne

42_large.jpg
96_large.jpg
118_large.jpg

ボーイスカウト世田谷16団 リバイブ・ニッポン・スポンサード・ウォーク

2011年04月01日 (金)

リバイブ・ニッポン・スポンサード・ウォーク
Revive Nippon - Sponsored Walk Campaign
by 16th Setagaya Boy Scouts, Tokyo, Japan


ボーイスカウト世田谷第16団では、3月11日(金)の東日本大震災で被災された方々を支援するために、2011年5月1日(日)にスポンサード・ウォークを行います。スカウトたちが年齢に応じて11kmから33kmの距離を歩き、歩いた距離によって皆様に募金への協力をお願いいたします。

1.1. スポンサード・ウォークのコースについて
世田谷公園を起点に、皇居を経由し、都内を歩き、また世田谷公園に戻ります。
スカウトたちが歩く距離の目標を決め、大人は目標の達成をサポートします。被災者支援に教育的な側面も盛り込んだ、ボーイスカウトならではのプログラムとなっています。


2.募金送付先
皆様からお預かりした募金の総額は、日本赤十字社の「東日本大震災義援金」に全額寄付致します。

3.参加方法
趣旨にご賛同いただける方には、スカウトか、一緒に参加するスカウトの保護者スポンサーとして参加をお願いします。スカウト(または保護者)が実際に歩いた距離に応じて募金をしていただきます。スポンサー登録の際に、1km単位での募金額を決め、スポンサー・シートに捺印または署名をお願いします。
例えば、1km ¥200とした場合、スカウトが実際に歩いた距離が11kmであれば11 x ¥200 = ¥2,200になります。同行するスカウト指導者が実際の歩行距離を証明し、スカウトが後日募金の集金に伺います。


4. このイベントに関しての問い合わせ先
下記にお問い合わせをいただければ、折り返しご連絡いたします。

ボーイスカウト世田谷16団 団委員長 石井博旭 
TEL: 03-3410-2282
E-mail: setagaya16@gmail.com

5.詳しい情報は世田谷ボーイスカウトHPまで:
http://www.bs-setagaya.org/activities_blog/

ボーイスカウト世田谷16団 リバイブ・ニッポン・スポンサード・ウォーク概要・スポンサー申し込み書類


On the 1st of May 2011 we, the 16th Setagaya Boy Scouts in Tokyo, are holding a sponsored walk in aid of the Japanese Red Cross Society appeal for relief to the victims of the earthquake and tsunami which struck Japan on the 11th of March 2011. Currently about thirteen thousand lives have been confirmed lost, about fifteen thousand people are still missing, and hundreds of thousands of people have been displaced from their homes. Beaver, cub and boy scouts, from 5 to 12 years old, will be walking on routes from Setagaya via the Imperial Palace in Tokyo - with the children committing to target distances of 11km, 22km and 33km, depending on age.

The beaver, cub and boy scouts are asking local supporters for sponsorship per km walked.
For well-wishers overseas, if you feel like us about the awful tragedy which has struck the people in the Tohoku region of Japan and really want to help the survivors in the monumental task of rebuilding their lives and reviving the region, then please help us with fund raising.

Maybe you can assist by organizing an event in May to raise funds for the Japanese Red Cross Society, earthquake and tsunami emergency relief appeal. We would welcome any photographs of your event, messages of support and encouragement for the survivors in the affected region etc. Our scouts will pass on the messages and photos to the people affected.


Contact:Ian Blake
e-mail:setagaya16@gmail.com
Home Page:http://www.bs-setagaya.org/activities_blog/
Credit card donations accepted at http://www.google.co.jp/intl/en/crisisresponse/japanquake2011.html
or bank transfer to:
Beneficiary Name The Japanese Red Cross Society
Bank Name Sumitomo Mitsui Banking Corporation
Branch Name Ginza Branch (026)
Swift Code SMBCJPJT
Account Number 8047670 (Japanese Yen Ordinary Deposit Account)
Beneficiary Address 1-1-3 Shibadaimon, Minato-ku, Tokyo, Japan 105-0012
Beneficiary Tel. No. +81-3-3487-7081

16団クリスマス会が無事に終わりました

2010年12月28日 (火)

先日お知らせした16団クリスマス会は、盛大に終了しました。

スカウトが2班に別れ、チキンのトマト煮、チキンのクリーム煮、餃子とケーキ、そしてスタンツ。

クリスマス会のレポートは、16団ホームページをご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/setagaya16/

12月23日:16団クリスマス会

2010年12月15日 (水)

12/23、16団下馬区民フロアーでクリスマス会を開催します。

ボーイスカウト世田谷16団のクリスマス会を体験しませんか?
ぜひ、保護者の方と一緒にいらして下さい。
プレゼント交換も行いますのでプレゼント交換にも参加したい方は¥500以内のプレゼントを持参してください。

16団は、世田谷区下馬、池尻、太子堂、野沢地域で活動しています。
見学のお申し込み、お問い合わせなどは、16団ホームページよりお問い合わせください。

2010xmas_16dan2.jpg


大きな地図で見る

11月14日 世田谷11団野外調理-続報

2010年11月11日 (木)

11月14日に野毛公園で行われるビーバー、カブ合同プログラム「野外調理」の続報です。

当日の参加者は、野菜を一品(必ず切って持参ください、食べられる量にしてください)、お米一合をお持ちください。
みんなべ、闇鍋をやります!

当日は、バウムクーヘンづくり、アイスクリームなどの調理のほか、大シャボン玉実験などを行います。

見学のお申し込みは、全日まで受け付けております。
詳細は、ボーイスカウト世田谷11団ビーバー、カブ合同プログラム「野外調理」をご覧ください。

合同プログラム:矢板市体験ツアー

2010年10月25日 (月)

10月9日に、11団、15団、19団のカブ隊、ビーバー隊は、合同プログラムを行い、矢板市体験ツアーとして、矢板市に日帰りツアーを行いました。
yaita_1.jpg
このツアーでは、「金精川(こんせいがわ)のます池」で、ニッコウイワナのつかみ取りを体験。
その後、釣ったイワナを塩焼き、唐揚げにして昼食にしました。
自分たちでつかまえたイワナと、特製ますこく(マスをダシにしたお味噌汁)をいただき、みなさん残さずに食べました!
yaita_3.jpg
お腹いっぱいのスカウトたちは、次にアゴラヒルで、ちょっと休憩。
元気一杯のスカウトたちは、自発的に「しっぽ取り」ゲームを開始。
疲れたリーダーたちをよそに、移動時間になってもいつまでも走り続けるスカウトに圧倒されました。
次に、加藤農園でりんご狩り。
りんごの木を初めて見るスカウトたち。
りんごの取り方を真剣に聞き入るスカウトたちをみて、リーダーたちは「この顔を見たかった」と、とても嬉しい瞬間でした。
「あのりんご取りたい!」と、自ら脚立に立ち高い場所のりんごに手を伸ばすスカウトにリーダーもハラハラドキドキでしたが、好きな色、好きな形のりんごを手にしたスカウトの笑顔は、本当に良い物でした。
とっても美味しかったことでしょう。
最後に、山久チーズファクトリーで休憩をして、無事帰京しました。

スカウトにとって、良い経験が出来た一日でした。

なお、このりんご狩りの模様を加藤農園様のサイトでもご紹介いただいております。

http://www.k-apple.com/10ringogari/s-bs-y/1010s-b.html

11月14日 世田谷11団野外調理

2010年10月20日 (水)

11/14のビーバー隊は、カブ隊と合同で活動します。
用賀神社から出発して、約5kmをハイキングして野毛公園をゴールとします。
野毛公園では、野外調理を行います。
今回の野外調理は「なんでも鍋」。
スカウトたちが好きな具材を持ち寄って調理します。
どんな味になるのかな?


集合場所:用賀神社
集合時間:9:00
解散:15:00(用賀神社)
活動場所:野外炊事 野毛公園
持ち物 :ビーバー隊必携セット、水筒、米1合、野菜1種類、食器、武器(ボーイスカウト用語:箸やスプーンなど)
服装:制服、制帽
*小雨決行、大雨中止します、連絡は当日7時AM。
11_cooking.jpg

11団は、用賀砧公園を中心に活動しております。
見学のお申し込み、お問い合わせなどは、11団ホームページよりお問い合わせください。

10月31日 世田谷11団ビーバー隊 農大ローバー見学

2010年10月18日 (月)

10/31のビーバー隊は、東京農大の「収穫祭」へ。
用賀神社から出発して、東京農大を目指します。

9:30 用賀神社集合
10:00 東京農大着
14:30 東京農大発
15:00 用賀神社解散

持ち物:ビーバー隊必携セット、水筒、おにぎり、食器、武器
服装:制服、制帽

11団は、用賀砧公園を中心に活動しております。
見学のお申し込み、お問い合わせなどは、11団ホームページよりお問い合わせください。

ボーイスカウト世田谷地区第11団ビーバー隊 2010-2011年間プログラム予定表

2010年10月08日 (金)

ボーイスカウト世田谷地区第11団ビーバー隊は、今年度は下記の活動を予定しております。


■9月
20日:入団上進式、缶トリー作戦/用賀小学校

■10月
3日:赤い羽共同募金、キャンプ報告会
9日:用賀神社子供神輿/用賀神社
10日:19団合同プログラムりんご狩り/栃木県矢板市
31日:農大ローバーとの集い/東京農大

■11月
14日:野外調理デイキャンプ/野毛山公園
28日:紙飛行機づくり/用賀地区会館

■12月
19日:クリスマス集会

■1月
9日:凧づくり、凧あげ/用賀区民集会所、多摩川河川敷
23日:ハイキング、乗馬

■2月
11日:19団合同プログラム スケート訓練/神宮外苑アイススケート場
20日:BP祭/未定

■3月
6日:工作、うごくおもちゃ/用賀区民集会所
13日:合同ラリー/世田谷地区50周年合同ラリー

■4月
10日:ハイキング/未定
24日:基本訓練、ロープを使った計測など)/砧ファミリーパーク

■5月
15日:ビーバーラリー/こどもの国
29日:ハイキング/未定

■6月
12日:ザリガニ釣り/大蔵団地親水公園
19日:基本訓令/砧ファミリーパーク

■7月
3日:ツリークライミング、ハイキング/寺家ふるさと村
17日:健康診断、上進説明会/玉川台区民センター

■8月
5〜7日:11団55周年キャンポリー/西湖 民宿王岳

■9月
11日:ビックビーバー追い出し会/砧ファミリーパーク

※日程に関しては、変更する場合があります。


11団は、用賀砧公園を中心に活動しております。
見学のお申し込み、お問い合わせなどは、11団ホームページよりお問い合わせください。

ボーイスカウト世田谷地区第19団ビーバー隊 2010-2011年間プログラム予定表

2010年09月10日 (金)

ボーイスカウト世田谷地区第19団ビーバー隊は、今年度は下記の活動を予定しております。


■9月
5日:ビーバー隊の一員になる/上進入隊式
12日:世田谷地区50周年式典
23日:わっしょいわっしょい!/三宿神社お祭り

■10月
3日:人の役に立つ/赤い羽共同募金
10日:くだものとれた/りんご狩り(栃木県矢板市)
24日:遊びのいま、むかし/昔遊び(三宿神社)

■11月
7日:ふってふって/バター作りと落ち葉掃き/三宿神社
21日:めざせゴール/平和の森フィールドアスレチック

■12月
19日:うたっておどろう/クリスマス集会準備
23日:クリスマス/クリスマス集会

■1月
9日:あけましておめでとう/新年こども祭り
23日:ありがとう/ごみ拾い/池尻大橋周辺

■2月
6日:お餅つき/三宿神社
11日:すいすいくるくる/アイススケート訓練

■3月
6日:げんきなあいさつ/名刺作り
13日:合同ラリー/世田谷地区50周年合同ラリー

■4月
3日:こんにちは/地域で遊ぼう/三宿神社
10日:めざせてっぺん/高尾山登山

■5月
8日:ビーバーラリー準備
15日:ビーバーラリー

■6月
5日:スイーツスイーツ/お菓子作り(生キャラメル作り)
19日:おったりきったり/工作

■7月
3日:ものしりになろう/科学技術館
24日:ビーバー探検隊/デイキャンプ

■8月
7日:区民祭り/馬事公苑
13日:19団はじめてものがたり/19団発足45周年記念キャンプ
28日:りすのみち/カブスカウト上進準備

※日程に関しては、変更する場合があります。


19団は、池尻大橋三宿を中心に活動しております。
見学のお申し込み、お問い合わせなどは、19団ホームページよりお問い合わせください。

7月4日ロッククライミング:世田谷11団ビーバースカウト,カブスカウト

2010年07月02日 (金)

7月4日の世田谷11団ビーバー、カブの活動は、ロッククライミングです。
ロッククライミング訓練は危険が伴います、慎重でありながら勇気を持って挑戦しましょう。
クライミング指導員とリーダーの指示に従って下さい。


集合時間:7:00
集合場所:二子玉川駅改札口内側
活動場所:センター北駅ノースポートモール内B1Fピナクルロックジム
持ち物 :カブ隊必携セット雨具、水筒、カブ弁当、タオル
服装:制服、制帽、活動中はTシャツ、7部丈ズボン(少し長めの半ズボン)
解散予定:14:00 二子玉川駅、用賀駅

6月27日ハイキング、野外炊事:世田谷11団ビーバースカウト

2010年06月15日 (火)

6/27のビーバー隊は、カブ隊と合同で活動します。
用賀神社から出発して、カブスカウトの作成した玉川地区「お寺巡り」をハイキングして野毛公園をゴールとします。
野毛公園では、野外調理を行います。
今回の野外調理は「闇鍋」。
スカウトたちが好きな具材を持ち寄ってカレーをつくります。
どんな味になるのかな?


集合場所:用賀神社
集合時間:9:00
解散:15:00 二子玉川駅
活動場所:野外炊事 野毛公園(予約できています)
持ち物 :ビーバー隊必携セット、水筒、おにぎり
     食器、武器
服装:制服、制帽
*小雨決行、大雨中止します、連絡は当日7時AM。

ハイキング中止の場合
集会場所 岡本地区会館第一会議室
集合場所、集合時間 同じ

6月13日ザリガニ釣り大会:世田谷11団ビーバースカウト

2010年06月01日 (火)

ザリガニ(ざりがに)釣り(つり)をやります、お友達(おともだち)を誘って(さそって)ください
ビーバー隊(びーばーたい)の仲間(なかま)を増やしましょう(ふやしましょう)。


集合時間:9:00
集合場所:砧公園いつもの場所
活動場所:大蔵団地親水公園
持ち物 :ビーバー隊必携セット、雨具、水筒、ザリガニ入れ
服装:制服、制帽
解散予定:12:00

雨天中止の場合は7:30に連絡をいたします。
雨天時集会場所:用賀区民集会所
集合時間:9:30
持ち物:同じ

5月30日ビーバーラリー2010無事終了しました!

2010年05月30日 (日)

5/30のビーバーラリーは、怪我もなく無事終了しました。
スカウト、リーダー、ご関係者の皆様、お疲れさまでした。
また、今回の活動場所をご提供くださった祖師谷小学校に、この場を借りてお礼申し上げます。

今回は、「忍者」のテーマで、様々な競技が用意されました。
世田谷区すべての団のビーバースカウト約110名が集まり、交流を深めての団結力、応援にリーダーの方が圧倒されてしまいました。

また、世田谷ひろば(スカウト限定ページ)では、ビーバーラリーの様子を写真を掲載しました。あの時の臨場感をもう一度味わってください!

それでは、来年のビーバーラリーでお会いしましょう!
ビーバーラリー2010

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ