世田谷12団

東京農業大学収穫祭 ボーイスカウト世田谷第12団

2016年11月02日 (水)

今年も東京農業大学で、10月28〜10月30日まで「収穫祭」が行われました。
IMG_7527.jpg
模擬店、文化学術展など見所、食べ所が満載のこの収穫祭は、毎年多くの来場者で賑わっています。
IMG_7551.jpg
その中で、毎年、農大ローバークルー部は児童向けの演劇などを行っています。
IMG_7531.jpg
今回は、「友情(仲間はずれ)」をテーマにした演劇。
こどもたちは真剣にお芝居を見ています。

この中で、イチョウになる美はなんですか?
1.ぎんなん
2.くり
3.どんぐり
こどもたちは一斉に手をあげて答えを言い合います。

IMG_7539.jpg
ローバースカウトたちは、舞台だけでなく、こどもたちの中に入り、ひとりひとりの答えを聞きに回ります。
IMG_7535.jpg
こどもたちは大興奮で、ステージに押し寄せます。
ローバースカウトがあまりにゆっくりセリフを言うので違和感を持った方もいらっしゃるかもしれません。
これは、小さいお子様でも聞き取れるように、またハンデキャップのあるお子様でも楽しめるように、ローバースカウトたちが考えて取り組んできたものなのです。
IMG_7544.jpg
そして、今年は去年よりも、しゃべっている役者の脇でたっているほかの役者もセリフに合わせて、「勝負は一回だけ!」といえば、勝負を思わせるガッツポーズ、一回のセリフのタイミングでほかの役者も一斉に人差し指で「1」のジェスチャー。
IMG_7545.jpg
これは、2年生の大畠くんが「もっと子供たちにわかりやすく」と考えたそうです。
他の展示が大人向けなので、こどもたちが楽しめる一つに農大ローバークルー部があります。
こどもたちは大興奮。パパやママはちょっと一息、そしてスヤスヤだったり?
IMG_7546.jpg
演劇が終わると、今度はそこはプレーパーク。
ボール投げ、輪投げ、塗り絵、様々な遊び場で子供たちは元気に遊びます。
IMG_7547.jpg
「ママはちょっと農大の大根をもらってくるから、ここで待っていてね」
なかなかお兄さんやお姉さんと遊ぶことのない今、子供たちは本当に楽しそうに遊んでいます。
このプレーパークの段ボールハウスなどのほか、芝居で使っている背景の大きな絵もローバーが一ヶ月前から用意しています。
IMG_7550.jpg
世田谷地区の団だけでなく、近隣の地区のビーバースカウト、カブスカウトでは一日遊べて、学習にもなる収穫祭。
ぜひ、来年は足を運んでみてくださいね。

お問い合わせは、農大ローバークルー部へ。

東京農業大学収穫祭 ボーイスカウト世田谷第12団

2015年11月02日 (月)

東京農業大学で、10月30〜11月1日まで「収穫祭」が行われました。
IMG_3977.jpg
模擬店、文化学術展など見所、食べ所が満載のこの収穫祭は、毎年多くの来場者で賑わっています。
IMG_3978.jpg
その中で、毎年、農大ローバークルー部は児童向けの演劇などを行っています。
IMG_4004.jpg
今回は、「むし歯」をテーマにした演劇。
こどもたちは真剣にお芝居を見ています。

この中で、むし歯になりやすい飲み物はなんですか?
1.お茶
2.コーラ
3.お水
こどもたちは一斉に手をあげて答えを言い合います。
IMG_3992.jpg
ローバースカウトたちは、舞台だけでなく、こどもたちの中に入り、ひとりひとりの答えを聞きに回ります。
こどもたちは大興奮で、ステージに押し寄せます。
観劇した大人なら、ローバースカウトがあまりにゆっくりセリフを言うので違和感を持った方もいらっしゃるでしょう。
これは、小さいお子様でも聞き取れるように、またハンデキャップのあるお子様でも楽しめるように、ローバースカウトたちが考えて取り組んできたものなのです。
他の展示が大人向けなので、こどもたちが楽しめるのは農大ローバークルー部の場所くらいなため、こどもたちは大興奮。パパやママはちょっと一息、スヤスヤだったり?
IMG_4005.jpg
演劇が終わると、今度はそこはプレーパーク。
IMG_4009.jpg
ボール投げ、輪投げ、塗り絵、様々な遊び場で子供たちは元気に遊びます。

「ママはちょっと農大の大根をもらってくるから、ここで待っていてね」

なかなかお兄さんやお姉さんと遊ぶことのない今、子供たちは本当に楽しそうに遊んでいます。

収穫祭では、色々な展示があります。
IMG_4011.jpg
トイレ学といってバイオトイレや公園などのトイレについての研究をレポートしたものなど。
世田谷地区の団だけでなく、近隣の地区のビーバースカウト、カブスカウトでは一日遊べて、学習にもなる収穫祭。
ぜひ、来年は足を運んでみてくださいね。

お問い合わせは、農大ローバークルー部へ。

アリくんの大冒険 ~東京農業大学ローバークルー~

2014年11月12日 (水)

秋は大学祭が真っ盛り。
世田谷地区で活動している2つの大学ローバースカウトたちにとっても、前々から企画を立て、打ち合わせや準備に時間をかける大きなイベントです。

10月30日から11月2日まで収穫祭が行なわれた東京農業大学では、世田谷第12団(ローバークルー)によるちびっ子向けの演劇が上演されました。
案内を出した近隣の幼稚園や保育園からでしょうか、ちびっ子たちが観客席に集まってきました。
取材に訪れたのは小雨の降る寒い1日でしたが、会場は早くも熱気でむんむん。
いつものように教室いっぱいに背景画が描かれ、また普段の活動紹介、ちびっ子向けの遊べるコーナーも用意されていて、一瞬大学構内にいることを忘れてしまう不思議な空間です。

今年の劇は「アリくんの大冒険」。
病気のお母さんを治すため、虹色の花を求めて旅をするアリくんと仲間が出会う様々な冒険を一年生が体当たりで演じていきます。ちびっ子たちにもわかりやすくゆっくりと、そしてはっきりとセリフを話す練習や大きな動作は何度も何度も練習したことでしょう。
2年生の久保君が作ったこの作品は、人間が壊した環境についてもクイズを出しながらサラッと伝える秀作でした。

主役のアリくんを演じたのは田中君。セリフが多く覚えるのがとても大変だったそうですが、ちびっ子たちはアリくんの名演技にすっかり虫の世界に入り込み、夢中で見守っていました。
そしてもう一人の人気は「仲間との出会い」「水を求めて」などの場面転換には緑色のイモムシ嬢。
ピョンピョン飛んで出てきたり、ごろごろ転がりながら登場したり。
次はどんな風に出てくるのかな!と会場のみんなが登場を楽しみにしていました。寝袋はくるまって眠るためだけのものじゃないんですね!

演劇終了後はストラックアウトや釣りなどの手作りゲームでキッズコーナーに。
どこまでも地域のちびっ子たちと遊んだローバークルーたちでした。
DSCN0112a.jpg
DSCN0119a.jpg

ボーイスカウト、活動中!のお知らせ ~11月~12月編~

2014年11月05日 (水)

10月は地域のおまつりなどで、たくさんのボーイスカウトが活躍していました。
会いに来てくださった方、声をかけてくださった方、ありがとうございました。
中には「世田谷地区ホームページ、読んでますよ!」なんて話しかけてくださる方もいて、感激しました。

「昔はボーイスカウトをやっていた」という方はけっこうたくさんいらっしゃるはずだし、今も当時に比べれば人数こそ減ってしまっているものの
「周りの人となかよく過ごし、自分の力を発揮して居心地のよい社会を作る人でありたい」
と努力しているボーイスカウトは健在です。

11月の3連休...こちらでお知らせすることができなかったのが本当に申し訳なかったのですが、12団と25団がその存在感をアピールする機会がありました。
12団は東京農業大学の学生で構成される「農大ローバークルー」、25団は国士舘大学の学生の「国士舘ローバーガイズ」という、大学生だけのボーイスカウト活動をおこなっています。
秋と言えば大学祭まっさかり。
12団は近隣のちびっ子をたくさん招待して、恒例の演劇を上演しました。
今年のタイトルは「アリくんの大冒険」。虫の世界で環境を考える秀作は、いつものように2年生が台本を起こし、1年生が演じていてちびっ子たちに大人気でした。
25団は美味しいたこ焼きを作って、目標の500食を完売しました。
普通のたこ焼きではつまらない...と、ウインナーを入れたりベビースターを入れたりと試作を重ねた結果「餅・チーズ入り、生地にはいりこだし」にたどり着いたそうです。
常に笑顔と感謝を忘れない、さわやかな大学ローバーたちでした。

さて、11月はキャンプやハイキングに出かける団がとても多いです。自然を求めて山に向かうところもありますが、世田谷区内の散策をしているところも。
8日夜から9日早朝にかけ、ベンチャースカウト(高校生年代)による50kmオーバーナイトハイクが行なわれます。チェックポイントを巡りながらゴールの赤堤教会(9団)をめざします。

〈11月〉
☆11月9日(日)10時から14時
こどもバザール(船橋児童館)
10団がゲームコーナーを用意します。

☆11月30日(日)12時から16時
神社に活動拠点を置く団が参加して、神社めぐりハイクを行ないます。
松陰神社(23団)を出発、数か所の神社のうち三宿神社(19団)を経由して北沢八幡神社(8団)に向かいます。

〈12月〉
どこの団もクリスマス会やお楽しみ会を予定しています。
見学参加しやすいプログラムです!
暮れのお忙しい時期に入りますが、情報が入りましたらお知らせしますのでぜひ足を運んでみてくださいね。
お急ぎの時はwelcome@bs-setagaya.orgにご連絡くださいませ。
特急便で情報をお伝えいたします!
DSCN0121.JPGDSCN0153.JPG




まだまだ情報が入りましたら、更新していきますね。


11月2日 大学ローバー 大学祭訪問

2013年11月08日 (金)

世田谷地区にある21個の団のうち、12団は東京農業大学の、25団は国士舘大学の学生のみで構成される「大学ローバー」団です。多くのメンバーが大学に入ってから部活としてボーイスカウトと出会い卒業と同時に離れていくのですが、世田谷地区で毎月開かれる地区協議会や、新年子どもまつりなどの行事にも積極的に参加して大いに活躍中です。秋もたけなわの11月2日、両方の大学祭での彼らの活動の様子を取材してきました。

DSC_0726-thumb-400x276-1315.jpg

まずは近隣の方々にも大人気の「収穫祭」中の東京農大の12団へ。
うすら寒い日というのにものすごいにぎわい。どこも行列が長々とできていて、聞くと「ここの味噌は美味しい!」だとか。めざす543教室は周りの軽音楽、ジャズの演奏の渦の中にぽっかり浮かんだメルヘンワールド。壁には手作りの可愛いボードがめいっぱい飾られていて、まるで別世界のよう。

DSC_0474-thumb-400x283-1318-thumb-400x283-1319.jpg
DSC_0468-thumb-400x292-1323.jpg


劇を楽しみにした子どもたちが次々と訪れてきました。部員が手分けして、大学の周りにある保育園や幼稚園にお知らせを配って歩いたのだそうです。

DSC_0484-thumb-400x262-1326.jpgDSC_0651-thumb-400x286-1329.jpg


40分に及ぶ超大作「野菜村の不思議な話」は言葉もゆっくりでわかりやすく、手遊び歌も交えていて「野菜の妖精さん」が出てきた時は子どもたちみんなが大喜び。農大ならではの「食」の大切さがしっかり子どもたちの心に伝わっていきました。

P1100840a-thumb-400x300-1332.jpg


劇の構成、出演、照明や音響、ボードの製作は1,2年生25人が、先輩のアドバイスをもらいながら一ヶ月間集中して取り組んできました。一年間の活動は壁新聞にまとめて発表。かなり充実した時間を過ごしていることがよくわかります。とっても明るい12団の雰囲気をたくさん感じてきました。

P1100874a-thumb-400x300-1335.jpg


昼下がりからは冷たい雨。が、国士舘大学楓門祭はもちろんにぎやかに開催中。

DSC_0747-thumb-400x283-1338.jpg


34号館の正面広場に、めざす25団の「かた焼きそば」コーナー発見。

5月のわんぱく相撲、10月の国体・ボーイスカウト講習会などに奉仕をしてくれていて顔見知りになった2人には会えなかったものの、リーダーと一緒にきびきびと働くスカウトたちはとてもさわやか。

まだ入隊したばかりという一年生に話を聞くことができました。彼のデビューは馬事公苑で行なわれた夏の区民まつりでの、ポニーのコーナーの裏方。祭はただ参加するだけではなく、裏方で働くところも楽しいんだ!と感じ、それから楽しく活動を続けているそうです。

P1100869a-thumb-400x300-1341.jpg


挨拶をしている間に手際よく盛り付け、かた焼きそばをふるまっていただきました。焼きそばコーナーがたくさんある中で、とてもおいしくいただきました。

どちらの団でも、取材班をなんとかもてなそうと気を配ってくれたおかげで、居心地のよい楽しい週末を過ごすことができました。

団の形はちょっと違っていても、同じ世田谷地区のボーイスカウト。大学ローバーたちの笑顔を見ながらこれからも助け合い、よい刺激を与えあって活動していけたらいいなと感じてきました。

DSC_0687-thumb-400x285-1362.jpg

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ