世田谷25団

ゲームで遊ぼう!~せたがや産業フェスタ~

2016年10月29日 (土)

10月22日世田谷区役所内で開かれた「産業フェスタ」に、ボーイスカウトコーナーも出店しました。

ボーイスカウトのことを知りたいな、どこで活動しているのかな、というお問い合わせのコーナーはもちろんですが、その隣に作ったゲームコーナーは参加していた子どもたちにとって、とっても楽しい場所。
わりばしでっぽうの射的や「あっくん まちがい探し」は、なんといっても国士舘大学(世田谷第25団)で活動しているローバースカウトたちがにこやかに遊んでくれるのです。
うまくできなくても大丈夫。
お兄さんたちが膝をついて同じ目線になって、子どもたちと一緒に輪ゴムをひっかけてこつを教えてあげたり、またお姉さんたちがこっそりヒントをささやいたり。
子どもたち自身が「自分でできた!」と感じてもらえるのが一番素敵なことなのですが、そのあたりをきちんとわきまえている青年スカウトたち。

その一方で、成人指導者とも冗談を言い合って楽しく会話ができたり、最後の片づけまできびきび働いたりと、本当に気持ちのよい青年が育っているのを感じます。

誰かのために、何かできることを
活動を通して、小さなお子さんから青年までさまざまな体験を重ね、それがいつの間にか心を育てていく。
ボーイスカウトの大きな魅力です。
sangyo4.jpgsangyo2.jpgsangyo3.jpg

新しくビーバー隊ができました! ~世田谷第25団~

2015年11月13日 (金)

国士舘大学楓門祭がにぎやかに行なわれている11月3日、メイプルセンチュリーホール5階会議室にて、世田谷第25団ビーバースカウト隊発隊式とビーバースカウトの入隊式が行なわれました。
大学のクラブとしての「ローバーガイズクラブ」でもある世 田谷第25団は、39年間ローバースカウト隊のみで活動してきましたが、今年ビーバースカウト3名を迎えてビーバースカウト隊も新しく活動を始めることとなりました。
現在ローバー隊で活躍中の3人のスカウトが副長を兼務し、古谷隊長とともにスカウトの育成にも取り組み、スカウトの身近なお兄さん・お姉さんとしての活動も始めます。

ドキドキで会場にやってきたスカウトたちは、見慣れない地区のおじさんたちが待ち構えているのにびっくりした様子。
ちゃんと家で練習してきたはずの「ビーバースカウトのやくそく」も緊張しすぎて言葉が出てこないほど。
でも大丈夫。
隊長がスカウトに寄り添って、優しい笑顔と励ましの声をかけると、いつもの自分らし さを取り戻し、みんなでそろって「やくそく」をいうことができました。

見守る地区役員やコミッショナーたちはいつも以上ににこやかで、新しい仲間であるスカウト達が可愛くてたまらない様子。
笑顔とともにエールを送りました。
新しいビーバースカウト隊の、これからの活躍が楽しみですね!

日本ボーイスカウト東京連盟世田谷第25団のHPはこちら
国士舘大学ローバーガイズクラブのHPはこちら


DSCN1796.JPG

ゲームコーナーで 〜世田谷第15団と第25団〜

2015年11月02日 (月)

10月24日、世田谷区役所内で開かれた「せたがや産業フェスタ」の一角に、ボーイスカウトコーナーもブースを持ちました。
去年も子どもた ちに大人気だった「輪ゴムでっぽう」「新ちゃんまちがい探し」、そして新しいゲーム「これ、なーんだ?」とともにお客さんを待っていたのは、世田谷のローバースカウト達です。
コーナーの準備や輪ゴムでっぽうの整備、誰が何を担当するかを相談しているまもなく、楽しそうな雰囲気に引き寄せられてフェスタの開始前から子どもたちがやってきて、早くもブース内は大忙し。
お客さんの目の高さまでひざを折って、ゆっくりていねいにゲームの説明をしたり、中にはフロアに座り込んでじっくりまちがい探しにつきあったり。
一部だけを見せてその絵を当ててもらう「これ、なーんだ?」で一緒にくすくす笑ったりと、一人ひとりのスカウトが持ち味を生かしながら進めていきます。
中には「私も遊んでもいいかしら」と声をかけてくださる年配の方もいらっしゃり、ゲームだけでなくおしゃべりも楽しんでいただきました。
ゲームコーナーに遊びに来てくださったみなさん、ありがとうございました!

DSC_6648a1.jpg

ボーイスカウト、活動中!のお知らせ ~11月~12月編~

2014年11月05日 (水)

10月は地域のおまつりなどで、たくさんのボーイスカウトが活躍していました。
会いに来てくださった方、声をかけてくださった方、ありがとうございました。
中には「世田谷地区ホームページ、読んでますよ!」なんて話しかけてくださる方もいて、感激しました。

「昔はボーイスカウトをやっていた」という方はけっこうたくさんいらっしゃるはずだし、今も当時に比べれば人数こそ減ってしまっているものの
「周りの人となかよく過ごし、自分の力を発揮して居心地のよい社会を作る人でありたい」
と努力しているボーイスカウトは健在です。

11月の3連休...こちらでお知らせすることができなかったのが本当に申し訳なかったのですが、12団と25団がその存在感をアピールする機会がありました。
12団は東京農業大学の学生で構成される「農大ローバークルー」、25団は国士舘大学の学生の「国士舘ローバーガイズ」という、大学生だけのボーイスカウト活動をおこなっています。
秋と言えば大学祭まっさかり。
12団は近隣のちびっ子をたくさん招待して、恒例の演劇を上演しました。
今年のタイトルは「アリくんの大冒険」。虫の世界で環境を考える秀作は、いつものように2年生が台本を起こし、1年生が演じていてちびっ子たちに大人気でした。
25団は美味しいたこ焼きを作って、目標の500食を完売しました。
普通のたこ焼きではつまらない...と、ウインナーを入れたりベビースターを入れたりと試作を重ねた結果「餅・チーズ入り、生地にはいりこだし」にたどり着いたそうです。
常に笑顔と感謝を忘れない、さわやかな大学ローバーたちでした。

さて、11月はキャンプやハイキングに出かける団がとても多いです。自然を求めて山に向かうところもありますが、世田谷区内の散策をしているところも。
8日夜から9日早朝にかけ、ベンチャースカウト(高校生年代)による50kmオーバーナイトハイクが行なわれます。チェックポイントを巡りながらゴールの赤堤教会(9団)をめざします。

〈11月〉
☆11月9日(日)10時から14時
こどもバザール(船橋児童館)
10団がゲームコーナーを用意します。

☆11月30日(日)12時から16時
神社に活動拠点を置く団が参加して、神社めぐりハイクを行ないます。
松陰神社(23団)を出発、数か所の神社のうち三宿神社(19団)を経由して北沢八幡神社(8団)に向かいます。

〈12月〉
どこの団もクリスマス会やお楽しみ会を予定しています。
見学参加しやすいプログラムです!
暮れのお忙しい時期に入りますが、情報が入りましたらお知らせしますのでぜひ足を運んでみてくださいね。
お急ぎの時はwelcome@bs-setagaya.orgにご連絡くださいませ。
特急便で情報をお伝えいたします!
DSCN0121.JPGDSCN0153.JPG




まだまだ情報が入りましたら、更新していきますね。


11月2日 大学ローバー 大学祭訪問

2013年11月08日 (金)

世田谷地区にある21個の団のうち、12団は東京農業大学の、25団は国士舘大学の学生のみで構成される「大学ローバー」団です。多くのメンバーが大学に入ってから部活としてボーイスカウトと出会い卒業と同時に離れていくのですが、世田谷地区で毎月開かれる地区協議会や、新年子どもまつりなどの行事にも積極的に参加して大いに活躍中です。秋もたけなわの11月2日、両方の大学祭での彼らの活動の様子を取材してきました。

DSC_0726-thumb-400x276-1315.jpg

まずは近隣の方々にも大人気の「収穫祭」中の東京農大の12団へ。
うすら寒い日というのにものすごいにぎわい。どこも行列が長々とできていて、聞くと「ここの味噌は美味しい!」だとか。めざす543教室は周りの軽音楽、ジャズの演奏の渦の中にぽっかり浮かんだメルヘンワールド。壁には手作りの可愛いボードがめいっぱい飾られていて、まるで別世界のよう。

DSC_0474-thumb-400x283-1318-thumb-400x283-1319.jpg
DSC_0468-thumb-400x292-1323.jpg


劇を楽しみにした子どもたちが次々と訪れてきました。部員が手分けして、大学の周りにある保育園や幼稚園にお知らせを配って歩いたのだそうです。

DSC_0484-thumb-400x262-1326.jpgDSC_0651-thumb-400x286-1329.jpg


40分に及ぶ超大作「野菜村の不思議な話」は言葉もゆっくりでわかりやすく、手遊び歌も交えていて「野菜の妖精さん」が出てきた時は子どもたちみんなが大喜び。農大ならではの「食」の大切さがしっかり子どもたちの心に伝わっていきました。

P1100840a-thumb-400x300-1332.jpg


劇の構成、出演、照明や音響、ボードの製作は1,2年生25人が、先輩のアドバイスをもらいながら一ヶ月間集中して取り組んできました。一年間の活動は壁新聞にまとめて発表。かなり充実した時間を過ごしていることがよくわかります。とっても明るい12団の雰囲気をたくさん感じてきました。

P1100874a-thumb-400x300-1335.jpg


昼下がりからは冷たい雨。が、国士舘大学楓門祭はもちろんにぎやかに開催中。

DSC_0747-thumb-400x283-1338.jpg


34号館の正面広場に、めざす25団の「かた焼きそば」コーナー発見。

5月のわんぱく相撲、10月の国体・ボーイスカウト講習会などに奉仕をしてくれていて顔見知りになった2人には会えなかったものの、リーダーと一緒にきびきびと働くスカウトたちはとてもさわやか。

まだ入隊したばかりという一年生に話を聞くことができました。彼のデビューは馬事公苑で行なわれた夏の区民まつりでの、ポニーのコーナーの裏方。祭はただ参加するだけではなく、裏方で働くところも楽しいんだ!と感じ、それから楽しく活動を続けているそうです。

P1100869a-thumb-400x300-1341.jpg


挨拶をしている間に手際よく盛り付け、かた焼きそばをふるまっていただきました。焼きそばコーナーがたくさんある中で、とてもおいしくいただきました。

どちらの団でも、取材班をなんとかもてなそうと気を配ってくれたおかげで、居心地のよい楽しい週末を過ごすことができました。

団の形はちょっと違っていても、同じ世田谷地区のボーイスカウト。大学ローバーたちの笑顔を見ながらこれからも助け合い、よい刺激を与えあって活動していけたらいいなと感じてきました。

DSC_0687-thumb-400x285-1362.jpg

国士舘大学ローバー世田谷第25団に世田谷地区結成50周年イベントが掲載されました

2012年03月27日 (火)

先日、盛大に行われたボーイスカウト世田谷地区結成50周年イベントの様子が、国士舘大学ローバーガイズクラブ・ボーイスカウト世田谷第25団のホームページに掲載されました。
以下にご紹介します。
20120327.jpg
ボーイスカウト世田谷地区結成50周年イベントが私たち世田谷第25団の本拠地である国士舘大学にて開催されました。
世田谷地区内のビーバースカウトから大人まで1日楽しく過ごしました。
世田谷区長の保坂区長もお見えになり世田谷地区名誉協議会長に就任されました。
本拠地でもあるので設営から撤収までお手伝いを行いました。

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ