世田谷9団

世田谷第9団結団60周年記念式典

2014年10月04日 (土)

晴天に恵まれた9月28日、9団の団本部のあるカトリック赤堤教会で結団60周年記念式典が行なわれました。
教会の入り口から聖堂までの要所要所にリーダーが待機して、訪れる人々を丁寧に誘導、受付では今年たか章を受章された宇田団委員がにこやかに出迎えてくださいました。
明るい陽ざしの差し込む聖堂には、すでにスカウトや保護者、関係者が着席し、開式を待っています。

国旗・隊旗の入堂です。
きりりと引き締まった表情のスカウトたちが入堂していきます。一番後ろから先輩たちに遅れまいと、また練習通り一歩一歩確実に歩を進めようとビーバースカウトが一生懸命。樫の木で着くアレ多忙にたくさんの表彰がくっついているので、おそらく相当に重いその旗を、精いっぱい支えていきます。両側に立って見守る保護者や来賓は、心の中で精いっぱいの声援を送ります。団担当の吉田コミは、スカウトが真横に来た時に思わず『グッジョブ!』と親指を立ててねぎらっていました。

カトリック団らしく神父さまのお話を聞き「神様といつもいっしょ」の歌をオルガン演奏で歌ってからは「スカウト宣言」です。
先日隼スカウトとなった田口君が前に進みでて、各隊の旗を後ろに従えて
「物質に満たされた今の時代でもスカウト精神が変わることはありません。自らの信念をもって生きることを教えてくれたスカウト精神を忘れず、これからも世田谷9団のスカウトとして、また世界のスカウトとして『そなえよ つねに』のモットーと『ちかいとおきて』を守っていくことを誓います。」
と高らかに力強く宣言しました。これからの9団だけでなく、日本のボーイスカウトを支えていく一人になっていくことでしょう。

芦澤団委員長から最後に感謝と決意の言葉がありました。
「人数が減ってしまった苦境を乗り越え、少しずつでも盛り返して来られたのは、たくさんの周りの人々からの励ましや応援があったからこそです。」は、神父さまが語られた他の人々への尊敬の念や感謝の心にあふれていました。
式典の後はスカウトたちによる楽器演奏を聴きながら、和やかなパーティー。
一人ひとりができることで力を合わせた、手作りの心温まる式典を経て、9団は新たな歴史を歩き始めます。

世田谷第9団結団60周年記念式典

2014年10月04日 (土)

晴天に恵まれた9月28日、9団の団本部のあるカトリック赤堤教会で結団60周年記念式典が行なわれました。
教会の入り口から聖堂までの要所要所にリーダーが待機して、訪れる人々を丁寧に誘導、受付では今年たか章を受章された宇田団委員がにこやかに出迎えてくださいました。
明るい陽ざしの差し込む聖堂には、すでにスカウトや保護者、関係者が着席し、開式を待っています。

国旗・隊旗の入堂です。
きりりと引き締まった表情のスカウトたちが入堂していきます。一番後ろから先輩たちに遅れまいと、また練習通り一歩一歩確実に歩を進めようとビーバースカウトが一生懸命。樫の木で着くアレ多忙にたくさんの表彰がくっついているので、おそらく相当に重いその旗を、精いっぱい支えていきます。両側に立って見守る保護者や来賓は、心の中で精いっぱいの声援を送ります。団担当の吉田コミは、スカウトが真横に来た時に思わず『グッジョブ!』と親指を立ててねぎらっていました。

カトリック団らしく神父さまのお話を聞き「神様といつもいっしょ」の歌をオルガン演奏で歌ってからは「スカウト宣言」です。
先日隼スカウトとなった田口君が前に進みでて、各隊の旗を後ろに従えて
「物質に満たされた今の時代でもスカウト精神が変わることはありません。自らの信念をもって生きることを教えてくれたスカウト精神を忘れず、これからも世田谷9団のスカウトとして、また世界のスカウトとして『そなえよ つねに』のモットーと『ちかいとおきて』を守っていくことを誓います。」
と高らかに力強く宣言しました。これからの9団だけでなく、日本のボーイスカウトを支えていく一人になっていくことでしょう。

芦澤団委員長から最後に感謝と決意の言葉がありました。
「人数が減ってしまった苦境を乗り越え、少しずつでも盛り返して来られたのは、たくさんの周りの人々からの励ましや応援があったからこそです。」は、神父さまが語られた他の人々への尊敬の念や感謝の心にあふれていました。
式典の後はスカウトたちによる楽器演奏を聴きながら、和やかなパーティー。
一人ひとりができることで力を合わせた、手作りの心温まる式典を経て、9団は新たな歴史を歩き始めます。
P1120658.JPG

9団に隼スカウト誕生!

2014年09月11日 (木)

高校生年代のベンチャースカウトになると、これまで活動を通じていろいろな体験をしてきた中で、
「これはおもしろい」とか、「もう少し知りたい」と興味を持つ分野がよりはっきりしてきます。
それをもっと理解したり、自分のものにできるようにその道を究めていくのはおもしろく、とても価値のある時間。
自由に進めてもいい環境にあるよりも、期間が決まっている中で自分を追い込みながら一つの成果を得られた時、それががんばった証となって章がもらえるとなると、やはり力の入れ方も変わってくる。
ボーイスカウトの仕組みは本当によく考えられているな...と感じます。

さて、そんな隼章を9団のベンチャースカウト田口君が伝達されました。
ボーイスカウトを始めたのは、実はくまスカウト(小学校5年生)から。周りの仲間よりも遅れてのスタートだったので、少しでも早くボーイスカウトを知りなじむためにチャレンジブック(3年間で40種類のチャレンジを試みる提案がされている本)を夏休みの自由研究として取り組むことにしました。
期間は短かったものの、追い上げる力が勝って見事スーパーカブ!
その時の経験と、もともと好きな地学や天文学を楽しむために必要な野外活動のスキルをボーイ隊で身につけたことが田口君に自信を与え、もっといろいろなことにチャレンジしていきたい、というエネルギーになっていきました。

高校三年生なので、受験勉強に集中するため休隊中ですが、来年山口県で行われる第23回世界ジャンボリーにも参加してみたいし、自分の趣味をもっと広げたいし、後輩のよきアドバイザーでもありたい...と夢はさらに広がっています。
隼章は一つのステップ、自分のためそして誰かのためにさらにかっこいい青年に成長していく姿が楽しみですね。
P1120564.JPG

2014年1月19日 9団ベンチャースカウト富士章伝達式

2014年01月23日 (木)

カトリック赤堤教会聖堂で、9団ベンチャースカウトへの富士章伝達が行われました。
ビーバースカウトから9団での活動を始めた「スカウト大好き少年」は、中学受験の時も、また中学・高校での部活動の忙しさの中にあっても、活動を休まずに続けてきました。
活動そのものが楽しかったのはもちろんですが、やはり、団の仲間とともにいることが大きな喜びであり、支えとなったのは言うまでもありません。

朝霧高原で行われた第15回日本ジャンボリーにはもちろん参加。
そこで出会った仲間や過ごした日々にも大きな影響を受けたようで、積極的に人とコミュニケーションをとったり、山中訓練キャンプなどに参加してはリーダーシップを発揮するなど、一人ひとりの仲間を尊重しながらみんなをまとめてゆく力が高く評価されているスカウトです。

今後は大学生として生物科学の勉強をしていく傍ら、9団では後輩たちのリーダーとしてさらに充実した活動を展開していくとのことです。
今後の活躍も本当に楽しみです。おめでとうございます。


4月14日 カブラリー

2013年05月05日 (日)

4月14日晴天のこどもの国で世田谷地区カブラリーが開催されました。
全部で17個団30組200人近いスカウトが一堂に集まりました。
風の強い中、スカウト達は組ごとに分かれて、地図を片手に
六つのチェックポイントをまわって点数を競いました。

今回のテーマは「エネルギー」。チェックポイントはゴミの分別や水圧、吹き矢、
水鉄砲、魚釣り、粘着力と、難しそうなゲームばかり。
スカウト達は、考えこんだり、思い切り吹いたり、ととても楽しそうに挑戦していました。

優勝は8団・23団の混成組、2位は6団、3位は4団2組、9団、10団の
三つのチームが同点で並びました。

参加賞は3団のスカウトがデザインしたネッチリング。
今回のテーマ「エネルギー」に合わせて太陽と豆電池をイメージしたものです。素敵ですね。
CS担当の副コミッショナーからデザイン賞が授与されました。
20130505_2.jpg

世田谷第9団でスーパーカブ誕生!

2013年03月04日 (月)

2月24日、世田谷第9団の本部、カトリック赤堤教会で「スーパーカブ」の伝達式(表彰式のようなもの)がありました。
スーパーカブになったのは5年生のカブスカウト。スーパーカブとは、40種類ある「チャレンジ章」をすべてクリアしたカブスカウトのことです。「チャレンジ章」とは、自然観察からスポーツ、マジックまで、小学生が興味を持ちそうな活動に挑戦するともらえる記章です。本人の努力はもちろん、家庭や友だち、リーダーの協力を得なければ、なかなかスーパーカブにはなれません。人間的にもきっと成長したことでしょう。

その日は、公開の「スカウト・フェスタ」でした。ご家族やスカウト、リーダーだけでなく、集まった地域の子どもや保護者の前で、地区役員より素敵なネッカチーフリングが贈られました。地区では47人目とのこと。

2013年1月27日 BSラリー

2013年02月01日 (金)

冬晴れの砧公園に、世田谷地区から78名のボーイ隊スカウトが集まりました。
公園内に設けられた6か所のチェックポイントを探し、それぞれに用意された課題をこなして得点を競う、年に一度のチーム対抗の大会です。普段はそれぞれの団で活動しているスカウト達ですが、この日ばかりは他の団のリーダーやスカウトとの交流ができるのも、大きな楽しみになっています。
開会式が終わった9時半になると、17チームが公園の地図を手にそれぞれ元気よくスタートしていきました。
ボーイスカウトとしての技能だけでなくチームワークも試される課題に四苦八苦しながらも、どのチームも14時にはすべての課題をクリアすることができました。
優勝した24団ベア班には、栄光のラリー旗が菅野BS副コミッショナーから手渡されました。
P1090576.jpg

2011年世田谷地区BVS合同プログラム

2011年05月25日 (水)

晴天に恵まれた5月15日、世田谷地区BVSは「こどもの国」で合同プログラムを行いました。
プログラムは、サバメシ(サバイバルめし)で、ビーバーが空き缶でご飯を炊きました。
副食は、各団で用意しました。
午後は、みんなでゲームで盛り上がりました。
心配していたケガもなく、とても楽しいプログラムでした。
act.jpg


サバメシと世界の料理
世田谷11団ビーバー副長 山田孝太

「ビーバーは牛乳パック3箱をはさみで2cm幅の短冊に切ってください。リーダーは350ccのアルミ缶2個を缶きりでふたを開け、1個は4か所にカッターナイフで穴を開けてください。」
4月のビーバーラウンドに続き、サバメシの作り方の説明を行った。地震で電気やガスが止まってもボーイスカウトは恐れず、自信を持ってご飯を炊くことができる、生きていくことができることが分かってくれるかなと思い、ビーバーに説明する。
ビーバー世代の集会は難しい。ましてや世田谷地区のビーバー全員が参加するとなるとなかなか意見が纏まらない。最初に5月15日にビーバーで何かしようということが決まった。若手リーダーがビーバーの成長を50周年行事のある今年も見てみたいを言ったから、僕も同調しようと思った。「料理はどうか。」「100人以上集まれる場所があるのか。」思わず、僕は「こどもの国がある。」と言った。言ってしまった手前、こどもの国に電話してみたら、運良く野外調理場100名分が予約できた。
「ビーバーが火を使って良いのか。」もっともなご意見である。「スカウティングフォアボーイズ」と聞いて、スカウト達はどのような絵を思い出すのだろうか。僕はスカウトがテントの前で野外調理している絵を思い出す。今もそのチーフリングを愛用している。ボーイスカウトはキャンプ、ハイキング、野外調理だと思う。ビーバー世代では何ができるのかリーダーはいつも試されているのだとも思う。最後は地区コミを含めたビーバーラウンドのメンバーがゴーサインを出してくれた。
2年前のカブラリーではこどもの国の一般の方に「スカウトのおかげで場所を追い出された。」とクレームが出た。「雨が降ったらどうする。」またもっともな意見が出る。心配になり、こどもの国に聞いてみる。すると、100名であれば、野外調理場の半分は占有できる。しかも屋根つきだ。これはできそうだと感触をつかんだ。
数度のラウンドと下見を経て、5月15日を迎える。台風一過の晴天だ。11団の副長2人が先発隊でこどもの国の正門前に向かい、集金と受付を始めてくれている。なんと大人の券が足りなくなる盛況ぶり。最終的には小学生75名と大人100名以上と大幅増加。結局人数が増え、野外調理場を完全に占有する。澄み渡った晴天に感謝する。
10時からの開会式。ほぼ予定通りに14の団が集まる。「みんなで大きなわを作ろう」を歌い、輪を広げる。8団のカブがビーバーラリー旗を開いてくれる。僕がビーバーのきまりの順番を間違ったのも愛嬌で、地区コミが東日本大震災と今日のサバイバルメシをうまく説明してくれる。僕は2週間前に習ったばかりのウッドバッジでの開会式を再現する。
サバメシを説明する。14団にも説明戴く。世界の料理が始まる。11団は今日、ビーバーの一人が保護者なしで参加。空き缶はリーダーに手伝ってもらい穴を開けてもらい、紙パックをビーバーが切る。短冊に火をつけ、空き缶にくべ始める。ビーバーは頑張って大人の助けなく25分間短冊をくべ続け、ご飯が炊ける。以前、西宮3団や世田谷11団での集会と同様にビーバーにはサバメシを作る能力と集中力があることを再認識する。
11団はハンターシチューがおいしくできあがる。8団の焼き豚がおいしい。3団のニョッキもうまい。自分の力だけででご飯を炊いたビーバーは目を輝かせている。
1時半よりゲームが始まる。4団の隊長が上手に「森の大工」でゲームを始める。「猛獣狩り」では富士章の新ローバーが水鉄砲等を準備し手伝いゲームは盛り上がる。新ローバーのモルジブプロジェクト発表を思い出しながら、今後の活躍を祈る。「むかでじゃんけん」「カードさがし」でゲームは最高潮に盛り上がる。
最後は地区コミの話、ビーバーラリー旗の降納、「きょうのあつまりもうおしまい」で閉会式。写真を撮り、最後はこどもの国に感謝のみを残す。帰りがけに「無名スカウト戦士の像」を訪れ、ビーバーに説明の上、敬礼して帰宅の途につく。
帰りの電車の中で、ビーバーの生き生きとした顔を見ると、さて次回はどのように進めようかと胸がはずむ。リーダー冥利に尽きる瞬間である。

以上

新着活動ニュース

ラウンド

各団からのお知らせ

アーカイブ


Copyright © 2009 Setagaya District, Tokyo Scout Council, SAJ